ディーン・アンブローズが「ジョン・モクスリー」に還る。WWE退団後初のプロモ映像にうつるダイスの意味は…

1011

元WWE所属のディーン・アンブローズが米国時間5月1日、自身のツイッターを更新し、「ジョン・モクスリー」としてWWE退団後初となるプロモ映像を公開した。

「ジョン・モクスリー」はかつてCZWを含む米インディー団体などで使用していたリングネームであり、彼はツイッターのアカウント名とユーザー名を同名に変更。プロフィール欄には「プロフェッショナル・レスラー」と綴っている。今回公開された映像は下記ツイートから視聴可能である。

映像にうつるアンブローズは、とある刑務所から脱走。2つのダイスが描かれた壁を横切る姿が捉えられており、それらのダイスの目は「2」と「5」の数字を示している。AEWの旗揚げ公演『ダブル・オア・ナッシング』が現地時間5月25日に開催されるため、同団体への参戦を匂わしているのではないかとの憶測が飛び交っているが、はたして真相は…。

アンブローズは現地時間4月21日、米イリノイ州モリーンにあるタックススレイヤー・センターにて開催されたWWE LIVEで、ユニット「ザ・シールド」として6人タッグチーム戦に出場。退団前最後となったこの試合は、特別番組『ザ・シールズ・ファイナル・チャプター』と題してWWEネットワークで生配信された。