【EP. 3】元祖”ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャース登場。

1357

本シリーズでは、50年以上の歴史を誇るWWEが如何に現在のグローバル企業に成長していったのか、その歴史に迫る。
※第1話からご覧になられる方は下記リンクからどうぞ
EP. 1 – キャピタル・レスリング・コーポレーション設立。

第3話

ビンス・マクマホン・シニアとジョセフ・モンドは数々の成功を収めたが、ひときわ目を光らせる業績は元祖”ネイチャー・ボーイ”ことバディ・ロジャースの獲得だろう。40もの王座を獲得していた彼の力があれば、全世界で興行チケットを完売できる影響力があると踏んでいたのだ。そしてひとたび、バディ・ロジャースを誘致すれば瞬く間に全ての興行チケットが完売となっていたのだ。バディ・ロジャースとキャピタル・レスリングのコンビネーションはアメリカ北西侵略への決定打となった。

(バディ・ロジャース)

19616月、キャピタル・レスリングは興行のプロモートのためシカゴのフレッド・コーラートとパートナー提携を結び、これが後のプロレス史に残る決定的なターニングポイントとなる。バディ・ロジャース対NWA王者パット・オコナー。38千人を超える観客で埋め尽くされたコミスキー・パークでバディ・ロジャースは名誉ある王座を捉え、パット・オコナーが保持していた2年半に終止符を打ったのだった。バディ・ロジャースの勝利は全国に興奮の波を走らせ、どの団体も彼らの思い描くトップカードを実現させようとしていたがビンセント・マクマホン・シニアは違った。異なったプランを持ち合わせていたのだ。

バディ・ロジャースのマッチメイクを完全に支配下に置き、彼のテリトリー内でのブッキングを確保したのであった。このNWA王者に対する型破りな手法に、少しでもバディ・ロジャースの恩恵を受けようとしていた他団体は困惑したのだ。バディー・ロジャース独占の一年半後、それまで落胆していたミズーリ州セントルイスをテリトリーにしていたサム・マックニックは遂にバディー・ロジャースの抑圧に終止符を打とうし、新たなスーパースターを模索し始めた。

(ルー・テーズ)

そこで浮上したのが”鉄人”ルー・テーズである。19631月、一度は引退していたルー・テーズはバディ・ロジャースからNWA王座を奪還しNWA加盟団体に光を照らしたのだった。バディ・ロジャースの敗北。しかしながらビンス・マクマホン・シニアの勢いが衰えることはほとんどなかった。19ヶ月もの間、バディ・ロジャースが王座に君臨していたことはキャピタル・レスリングを不動の地位まで押し上げていたのだ。それはライブ興行でもテレビ放送でも同様のことであった。事実、キャピタル・レスリングはNWAを離脱し次なる一歩を踏み出そうとしていたのである。

ビンセント・ケネディ・マクマホンは当時を振り返りこう語る。「父はワシントンDCの北西に位置するIストリート1332番地、フランクリンパーク・ホテルの751号室にオフィスを構えていたんだ。綺麗なところではなかったよ。でも一階にはコーヒーショップが入ってて、そこのコーヒーが好きだったんだ。チーズバーガー、ミルクシェイクも好きだったな。そして父のオフィスに行くと小さいコネクティングルームがあって、そこで子供ながらに試合のマッチメイクを考えては父に見せていたんだよ。笑えるだろ。しかし、あのオフィスで過ごした時間はとても素晴らしい思い出だよ。」

第4話は下記リンクからどうぞ。
【EP. 4】NWAレジームからの脱却、そしてWWWF設立へ。