ディーン・マレンコ、WWEを退職との報道。18年間裏方として貢献

493

米スポーツ専門誌『スポーツ・イラストレイテッド』電子版は現地時間4月25日、ロード・エージェントを務めていたディーン・マレンコが、WWEを退職したと報じた。

同誌によると、マレンコは過去18年間にわたって舞台裏でのエージェントを務めた。マレンコの今後については不明だが、『スポーツ・イラストレイテッド』は彼のスキルをもってすれば、AEW(オール・エリート・レスリング)が相応しい「着陸地点」と伝えている。

また、エージェントとしての彼の最大の強みは「小柄なタレントを光らせる道を探ること」や「WWEのレスリングスタイルとは全く異なるテクニック面の知識」などと評している。

マレンコは2001年に現役を引退する前、新日本プロレス、ECW、WCW、WWEなどで活動。4度のWCWクルーザー級王座、2度のECW世界TV王座などさまざまなタイトルを獲得した。