【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 4/23/19|新生SDブランドの幕開け

352

WWEは現地時間4月23日、米ネブラスカ州リンカーンにあるピナクル・バンク・アリーナにて『スマックダウン・ライブ』を開催。ブランド間の選手入れ替え「スーパースター・シェイクアップ」を終えた今、新生SDブランドの幕開けとなった。

ビンス・マクマホン会長の息子シェイン・マクマホン、アライアスと共にローマン・レインズを激しく攻撃

番組冒頭に登場したシェイン・マクマホンは、父親でありWWE会長のビンス・マクマホンに対して暴行を働いたローマン・レインズに言及。「よく聞け、この場に出てくるんだ。これはお願いをしているわけじゃない。お前は俺と我が一家のもとで働いている。これは命令だ。出てこい、今すぐに」と”ビッグ・ドッグ”を呼び出した。レインズが姿を現すと言葉を発することなく、両者一触即発のムードに。するとアライアスが突如現れ、シェインと共にレインズを激しく攻撃した。観客が声援を送る中、レインズは反撃を試みるも形勢は変わらず。アライアスがドリフト・アウェイを決めてレインズを沈めると、2人はその場を去っていった。

ゼリーナ・ベガ、介入失敗。フィン・ベイラーがアンドラーデとの熱戦を制す

フィン・ベイラー対アンドラーデ(w/ ゼリーナ・ベガ)
本日1試合目はシングル戦。IC王者フィン・ベイラーとアンドラーデが激突した。アンドラーデは場外へのコークスクリュー・ダイブを決めるなど序盤からエンジン全開。さらに強烈なニーキックを浴びせるなど試合を優位に進めていった。しかしベイラーも相手の攻撃を切り返してDDTや場外へのダイブを放つなど応戦。両者白熱した攻防戦を続けた。試合が進む中、ゼリーナ・ベガが介入するもアンドラーデの足を引っ張る結果に。好機を掴んだベイラーはトップロープからのクー・デ・グラを決めて勝利を手にした。
勝者: フィン・ベイラー

カイリ・セイン、華麗なインセイン・エルボーを放ちペイトン・ロイスを下す

カイリ・セイン(w/ アスカ、ペイジ)対ペイトン・ロイス(w/ ビリー・ケイ)
本日2試合目は女子によるシングル戦。ジ・アイコニックスは試合前、カイリ・セインとアスカに悪態をついた。カイリはドラゴンスクリューやスピアーを決めるなどペイトン・ロイスを圧倒。最後はトップロープからの華麗なインセイン・エルボーを決めて勝利を収めた。
勝者: カイリ・セイン
試合後、マンディ・ローズとソンヤ・デヴィルが登場。カイリ・セイン、アスカとの衝突を予感させた。

ラーズ・サリバン、破壊の道を突き進む。チャド・ゲーブル、シン・ブラザーズ、Rトゥルースを激しく攻撃

ジンダー・マハル対チャド・ゲーブルの一戦は開始することなく、ラーズ・サリバンの大暴れによって中止。自身の存在を誇示するようにゲーブル、シン・ブラザーズを激しく攻撃した。Rトゥルースが登場しサリバンに立ち向かうも、彼の餌食に。破壊の道を突き進む彼を止めることができる者は今後現れるのか。

ローマン・レインズ、次回PPV『マネー・イン・ザ・バンク』にてアライアスと対戦へ

アライアスはローマン・レインズへの挑戦を表明。これに対してレインズは「アライアスの顎を叩き割り、二度と歌えないようにしてやる。挑戦を受け入れる」と語った。両者の一戦は次回PPV『マネー・イン・ザ・バンク』が舞台となる。

ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーの争いにベイリーが参戦

シャーロット・フレアーは「ベッキー・リンチはロンダ・ラウジーをピンフォール勝ちした。私はタップアウトしていない。ピンフォール負けも喫していない。ロンダが負けたの。ベッキーが私に勝ったわけじゃない」と、祭典でスマックダウン女子王座を失ったことに不満な様子。ベッキー・リンチは「WINNER TAKE ALL(勝者総取り)の意味を理解してなかったの?私はあんたにピンフォール勝ちしていない。あんたが勝てない相手を倒すことに忙しかったからね」と挑発した。

両者激しい口論を繰り広げる中、ベイリーが登場。彼女は「あなたが私に勝った回数は0回よ」とベッキーを挑発した。割り込まれたと感じたシャーロットはベイリーと衝突。スマックダウン女子王座挑戦権を懸けたベイリー対シャーロットの一戦が行われることとなった。

シャーロット・フレアー、ベイリーを下してスマックダウン女子王座挑戦権を掴む

ベイリー対シャーロット・フレアー
本日3試合目はスマックダウン女子王座挑戦権を懸けた一戦。フォーホース・ウィメンのメンバーで知られる2人が激突した。ベイリーはクロスボディやランニングエルボーを決めるなど”女王”を激しく攻撃。しかしシャーロット・フレアーも負けじと応戦し、相手の足を重点的に攻めていった。足にダメージを負ったベイリーは苦痛の表情を浮かべるも、バックスープレックスを決めるなど反撃。白熱した攻防戦が続く中、最後はシャーロットがスピアーを決めて勝利を収めた。
勝者: シャーロット・フレアー

ケビン・オーエンス、ニュー・デイを裏切る。狙いはWWE王座

コフィ・キングストン(w/ ケビン・オーエンス、エグザビアー・ウッズ)対シンスケ・ナカムラ(w/ ルセフ、ラナ)
本日のメインイベントを飾るのはWWE王者コフィ・キングストンとシンスケ・ナカムラの一戦。ケビン・オーエンスとエグザビアー・ウッズは実況席に、ルセフとラナはリングサイドに陣取った。白熱した攻防戦が続く中、シンスケはキンシャサを狙うもコフィのダブルストンプが炸裂。さらにコフィはSOSを決めて勝利は目前かと思われたが、ルセフが乱入すると試合は終了となった。
勝者: コフィ・キングストン(反則裁定)
試合後、ケビン・オーエンスとエグザビアー・ウッズも加わり両軍が乱闘を開始。そんな中、オーエンスはニュー・デイを裏切り、WWE王者に狙いを定めて激しく攻撃した。エグザビアーが救助に向かうも返り討ちに。エプロン際めがけてのパワーボムを喰らった。