【TV結果】WWE RAW 4/22/19|新生ブランドが「マネー・イン・ザ・バンク」に向けて動く

247

WWEは現地時間4月22日、米アイオワ州デモインにあるウェルズ・ファーゴ・アリーナにて『RAW』を開催。PPV『マネー・イン・ザ・バンク』に向けて物語が動いた。

6人のスーパースターがWWEユニバーサル王座を狙う

番組冒頭にはCOOを務めるトリプルHとWWEユニバーサル王者セス・ローリンズが次々と登場。観客はアイオワ州出身のセスに向けて「おかえり」などと歓声をあげた。セスがPPV『マネー・イン・ザ・バンク』に向けて意気込みを語る中、US王者サモア・ジョー、レイ・ミステリオ、ドリュー・マッキンタイア、ザ・ミズ、バロン・コービン、AJスタイルズが次々と登場。WWEユニバーサル王座を狙う姿勢を見せた彼らに対して、セスは「焼き尽くしてやる」と宣言した。

AJスタイルズ、三つ巴を制してWWEユニバーサル王座挑戦に一歩近づく

AJスタイルズ対レイ・ミステリオ対サモア・ジョー
本日1試合目はWWEユニバーサル王座を狙う三者による戦い。レイ・ミステリオがAJスタイルズにウラカン・ラナを、サモア・ジョーが相手2人を同時にセカンドロープからマットに叩きつけるなど、白熱した試合が繰り広げられた。

激しい戦いが続く中、試合を決めたのはAJ。最後はミステリオに放ったスタイルズ・クラッシュをリングに横たわるジョーに着弾させ、3カウントを奪った。この結果により、AJは今夜にも次期WWEユニバーサル王座挑戦権を懸けた一戦に臨む。
勝者: AJスタイルズ

ナオミ、軽やかな動きを見せてビリー・ケイに勝利

ビリー・ケイ(w/ ペイトン・ロイス)対ナオミ
本日2試合目は女子によるシングル戦。ジ・アイコニックスの片割れであるペイトン・ロイスがビリー・ケイのコーナーについた。ナオミは軽やかな動きを見せて相手を翻弄。ペイトン・ロイスの介入もうまく阻止し、ビリー・ケイを丸め込んで3カウントを奪った。
勝者: ナオミ

バロン・コービン、WWEユニバーサル王座挑戦に一歩前進。勝利を盗み取る形で三つ巴を制す

ザ・ミズ対ドリュー・マッキンタイア対バロン・コービン
本日3試合目はWWEユニバーサル王座を狙う三者による戦い。ドリュー・マッキンタイアとバロン・コービンは共闘し、ザ・ミズを激しく痛めつけていった。ザ・ミズにとって数的不利の状況が続くと思われたが、マッキンタイアとコービンも衝突。ザ・ミズがマッキンタイアに四の字固めを、コービンがザ・ミズにディープ・シックスを、マッキンタイアがザ・ミズにスパインバスターを決めるなど三つ巴の激しい戦いが続いた。

マッキンタイアはザ・ミズに強烈なクレイモアを決めるも、コービンの妨害によってカバーにはいけず。コービンが勝利を盗み取る形で3カウントを奪った。この結果により、コービンは今夜にも次期WWEユニバーサル王座挑戦権を懸けてAJスタイルズとの一戦に臨む。
勝者: バロン・コービン

サミ・ゼイン、観客を挑発「お前ら全員地獄に行けるぞ」

サミ・ゼインはノルウェー、メキシコなどで観光を楽しむ写真を公開し、自身が幸せ者であることを観客に向けて強調。開催地の人々を侮辱して大ブーイングを受ける中、「お前らも旅行にいけるぞ。全員地獄へな」と告げ、観客を嘲笑った。

セザーロ、強烈なアッパーカットでセドリック・アレクサンダーを下す

セドリック・アレクサンダー対セザーロ
本日4試合目はシングル戦。闘志溢れるセドリック・アレクサンダーは、みちのくドライバーや場外へのダイブを決めるなど試合を優位に進めた。しかし勝利を収めたのはセザーロ。相手の攻撃を強烈なアッパーカットで返り討ちにして3カウントを奪った。
勝者: セザーロ

ヴァイキング・レイダーズ、大暴れし存在感を示す

ヴァイキング・レイダーズ(元ヴァイキング・エクスペリエンス/ウォーレイダーズ)対ルチャ・ハウス・パーティーの一戦が予定されていたが、試合開始を前に現NXTタッグチーム王者が大暴れした為、試合自体は行われず。アイヴァー(元ハンソン)とエリック(元ロウ)の2人はルチャ・ハウス・パーティーを激しく攻撃し、存在感を示した。

ベッキー・リンチ、レイシー・エバンスと対峙。PPV『マネー・イン・ザ・バンク』で対決か

アリシア・フォックスとの試合を控える二冠女子王者ベッキー・リンチは、レイシー・エバンスを軽く挑発。姿を見せたエバンスは「PPV『マネー・イン・ザ・バンク』では、”THE MAN”に”淑女”に敬意を示す方法を教えてあげる。ウィメンズ・ライトを放ってね」と、二冠女子王者に向けて宣言した。

ベッキー・リンチ、アリシア・フォックスに勝利もレイシー・エバンスの強烈なウィメンズ・ライトを喰らう

ベッキー・リンチ対アリシア・フォックス
本日5試合目には二冠女子王者が出場。アリシア・フォックスを相手に強烈な回し蹴りを浴びせるなど試合を優位に進めていった。しかしアリシアも場外のバリケードに相手を叩きつけるなど応戦。しかしベッキー・リンチはベクスプローダーを放った後、ディス・アーム・ハーを決めて勝利を収めた。
勝者: ベッキー・リンチ
試合終了直後、突如としてレイシー・エバンスがベッキー・リンチを攻撃。二冠女子王者に強烈なウィメンズ・ライトを2発浴びせて、”淑女”の存在感を示した。

ボビー・ルード改めロバート・ルード、グロリアスDDTを決めてリコシェを下す

ロバート・ルード(元ボビー・ルード)対リコシェ
本日6試合目はシングル戦。ボビー・ルードはリングネームを「ロバート・ルード」に改め、髭を一部剃った新たな風貌で登場した。リコシェがスタンディング・シューティングスタープレスを、ルードはスパインバスターを決めるなど、両者白熱した攻防戦を披露。リコシェの630°スプラッシュを回避したルードは、グロリアスDDTを決めて勝利を掴んだ。
勝者: ロバート・ルード

ブレイ・ワイアット、なんともいえぬ不気味な新キャラクターで復帰

復帰を果たしたブレイ・ワイアットは、なんともいえぬ不気味な新キャラクターで登場。特別な場所「ファイヤーフライ・ファンハウス」にて、彼は「僕はかつてとっても悪い男だったんだ。でも信じてね、僕は悪いことをしたことで罰せられたんだ。その悪い部分はもう死んじゃったよ」と言い、過去の自分の姿をかたどったパネルをチェーンソーで切り裂いた。

AJスタイルズ、次期WWEユニバーサル王座挑戦権を手にする

AJスタイルズ対バロン・コービン
本日のメインイベントを飾るのは次期WWEユニバーサル王座を懸けた一戦。バロン・コービンは序盤から強烈なライトハンドを浴びせるなど、試合を優位に進めた。コービンはディープ・シックスを決めるなど相手を追い詰めていくも、AJはカーフクラッシャーも決めて応戦。最後はフェノメナル・フォアアームを決めたAJが勝利を収めた。
勝者: AJスタイルズ
試合後、PPV『マネー・イン・ザ・バンク』で激突することが決定したセス・ローリンズとAJスタイルズが対面。互いの健闘を誓うように、両者固く握手を交わした。