ベッキー・リンチ、女子王座統合に関して「意味がない」

1194

ベッキー・リンチは業界最大の祭典といわれるPPV『レッスルマニア 35』にて、RAW女子王座とスマックダウン女子王座を見事獲得。”2つの王座ベルトを持つベッキー”は『Gorilla Position』の取材に対して、女子王座統合に関する考えを述べた。

「いや、そんなこと思わないわ」ベッキーは今後、女子王座統合を望むのかどうかに関して、こう答えた。「私はどちらの王座も守りたいし、統合することに意味がない。私達には2つの異なるブランド、RAWとスマックダウンがあるからね。もしも1つのブランドに戻すのであれば、もしかするかも。でもおそらくない、それはないわ!私は”2つの王座ベルトを持つベッキー”よ」

ベッキーは『レッスルマニア 35』のメインイベントで、当時のRAW女子王者ロンダ・ラウジーとSD女子王座シャーロット・フレアーとの戦いに臨んだ。”WINNER TAKE ALL”(勝者総取り)の一戦は、ベッキーがロンダから3カウントを奪って二冠女子王者に輝いた。