「ディーヴァ時代をWWEの歴史から消し去るべき」の声にペイジらが反応

1390

ディーヴァ(DIVA)は、WWEに登場する女性プロレスラーの意として、1990年代から2016年まで使われていた総称。現在は男女共にスーパースターと呼ばれている。

あるツイッター・アカウントが「ディーヴァ時代の大部分をWWEの歴史から消し去るべき」とのツイートを投稿すると、この声にマリア・ケネリスやペイジが反応。マリアは「あれはディーヴァではなかった。消し去るべきではない。その時代のレスリングに大きな影響を与えた女性がいたし、今もいるのよ」と同ツイッター・アカウントに返信した。

これに対して、ペイジは「私はディーヴァの1人だった…全女性ファンと現代のレスラーが成長しようと奮闘した重要なことなのよ。その言葉と過去は、決して消し去るべきではない。それが私達の歴史であり、私は誇りに思っている」とコメント。そして彼女は、なぜ”ディーヴァ”という言葉がネガティブなものなのか理解できないと続けた。

「なぜ”ディーヴァ”という言葉がネガティブなものなのか理解できないし、理解しようとも思わない。小さい頃、レスラーとなった頃に望んだことはWWEディーヴァとなること。素晴らしいアスリートよ。彼女たちは私達全員の道を切り開いたの。彼女たちの懸命な努力を疑うことはしないで」

さらにペイジは「私はディーヴァになれたことを誇りに思うし、スーパースターとなる移行期の一員になれたことも誇りに思う」ともツイート。”ディーヴァ”に対する想いをつづった。