【TV結果】インパクト・レスリング IMPACT! 3/29/19|題して「アゲインスト・オール・オッズ」

266

インパクト・レスリングは現地時間3月29日、ウィークリー番組『IMPACT!』を放送。「アゲインスト・オール・オッズ」と題された特別編では「ゲイル・キムが引退を撤回」「アリーの死」などのセグメントが展開すると共に「スカーレット・ボルドーの『IMPACT!』デビュー戦」などの試合が行われた。

LAX、ルチャ・ブラザーズをテーブル葬

番組冒頭にはインパクト世界タッグチーム王者ルチャ・ブラザーズとLAXが激しく衝突。セキュリティの制止を振り切り争いを続ける両軍だったが、LAXがインパクト世界タッグチーム王者をテーブルへと沈めた。その後、コナンが舞台裏にてルチャ・ブラザーズへの挑戦を表明。試合形式は「フル・メタル・メイヘム」、舞台は4月28日(現地時間)に開催されるPPV『リベリオン』となる。

スカーレット・ボルドーが『IMPACT!』デビュー戦を制す

スカーレット・ボルドー対グレン・ギルバーティ
本日1試合には『IMPACT!』デビュー戦となるスカーレット・ボルドーが出場。彼女はグレン・ギルバーティとの一戦に臨んだ。試合が進む中、スカーレットのスタナーが炸裂。また、反撃に転じたグレンはピープルズ・エルボーを披露した。試合を制したのはスカーレット。最後はパワー・ボムを決めて3カウントを奪った。
勝者: スカーレット・ボルドー

ゲイル・キム、テッサ・ブランチャードを叩きのめすべく引退を撤回

テッサ・ブランチャードとインパクト殿堂者ゲイル・キムは観客の前で対峙。テッサは大柄な態度で謝罪を要求しキムはそれに応じた。しかしテッサはキムが現役として活動した時代を侮辱。終始無礼な態度をとった。するとキムは彼女を叩きのめすために突如として引退を撤回。さらに激しい攻撃を受けたテッサは驚きの表情を浮かべた。

ジョーディン・グレイス、インパクト・ノックアウト王座奪取ならず

タヤ・ヴァルキリー(c)対ジョーディン・グレイス|インパクト・ノックアウト王座戦
次なる試合はインパクト・ノックアウト王座戦。ジョーディン・グレイスは強烈なジャーマン・スープレックスを放ち流れを掴むと思われたが、タヤ・ヴァルキリーは相手をコーナーポストに打ちつけ、さらにスピアーを決めるなど試合を優位に進めていった。しかしジョーディンもスープレックスを放つなど反撃。一進一退の攻防戦が繰り広げられる中、女子王者は負傷した素振りを見せて場外へ。彼女の夫であるジョニー・インパクトも駆けつける中、タヤはリングに戻ることなく場外カウントアウトにより試合は終了となった。
勝者: ジョーディン・グレイス(場外カウントアウトにより王座移動なし)

キラー・クロス、ジョニー・インパクトに詰め寄るブライアン・ケイジに背後から襲いかかる

インパクト・ノックアウト王座戦終了後、ジョニー・インパクトとタヤ・ヴァルキリーの前に現れたのはブライアン・ケイジ。彼はジョニーに詰め寄っていった。しかし、そこへ登場したのはキラー・クロス。彼はケイジを背後から締め上げた。

疑問が残る裁定。キラー・クロス、ブライアン・ケイジを下す

ブライアン・ケイジ対キラー・クロス
本日最後の試合に出場するのは抗争を続ける二者。試合開始前にキラー・クロスの攻撃を受けたブライアン・ケイジはダメージが残ってるかに思えたが、両者互角の戦いを続けた。流れを掴んだケイジはF5を放ち勝利は目前かと思われたが、ジョニー・インパクトが試合に介入。さらにレフェリーの目を盗みタヤ・ヴァルキリーがケイジにローブローを決めると、キラーはバック・スープレックスを2発放った。キラーはカバーに入り、カウントは2。しかしレフェリーはゴングを要請し、キラーの勝利となった。
勝者: キラー・クロス

ジョニー・インパクト、ブライアン・ケイジの腕をイスで破壊

ブライアン・ケイジ対キラー・クロスの一戦が終了した後、インパクト世界王者ジョニー・インパクトはケイジを激しく攻撃。インパクト・ノックアウト王者タヤ・ヴァルキリーも「やれ!」と煽る中、ジョニーはイスを使用し相手の腕を破壊した。

アリー、ローズマリーの腕の中で死す

ローズマリーとダーク・アリーは「アンデッド・レルム」へ。ローズマリーはシュー・ヤンやアンデッド・ブライドらなどと戦いを繰り広げた。キエラ・ホーガンも人質に取られ、「アンデッド・レルム」の統治者であるケビン・サリバンも姿を見せる中、ローズマリーは窮地に。そんな中、シュー・ヤンがローズマリーに襲いかかるも身代わりとなったのはダーク・アリーだった。彼女はシュー・ヤンに首元を刺されると、ローズマリーの腕の中で絶命。「アリー」の姿を取り戻した彼女は消滅していった。