祭典史上初、PPV『レッスルマニア 35』メインイベントを飾るのは女子による三つ巴

665

WWEは米国時間3月25日、RAW女子王座を懸けたロンダ・ラウジー(王者)対ベッキー・リンチ対シャーロット・フレアーの一戦が、PPV『レッスルマニア 35』のメインイベントを飾ることを発表した。

今年で35回目を迎えるレッスルマニアの歴史において、女子による試合がメインを飾ることは史上初。WWEは2016年4月、女子部門を再編し新たに女子王座を創設。今日に至るまで女子によるマネー・イン・ザ・バンク戦、ヘル・イン・ア・セル戦、ロイヤルランブル戦を行なうなど改革を進めてきた。また、2018年10月には女性スーパースターのみで構成されるPPV『エボリューション』を開催し、2019年2月には女子タッグチーム王座を復活させた。

WWEが贈る『レッスルマニア 35』は米国時間4月7日、米ニュージャージー州イーストラザフォードにあるメットライフ・スタジアムにて開催。現地の模様はWWEネットワークで生配信される。