元インパクト女子王者アリー、AEWとの契約を発表

462

元インパクト・ノックアウト王者アリーが米国時間3月21日、AEW(オール・エリート・レスリング)との契約を締結したことを発表した。

AEWと契約したアリーは「今後はAEWで成功したい。これまでにもチャンスはあったと思うけど、今は本当に自分にできることをみんなに見せたいと感じる」とYouTubeチャンネル『Nightmare Family』の「Road to Double or Nothing」(エピソード8)内で述べた。

米ニュースサイト『PW Insider』によると、アリーは2018年をもってインパクト・レスリングとの契約が満了を迎えたが、両者の間で契約更新には至らなかったとのこと。次回TV収録には参加せず、明日にも放送される『IMPACT!』が最後の出演になるとも伝えている。

アリーは2013年にインパクト・レスリング(当時: TNA)に初登場。2016年に契約を結んだ後には同団体が管理する女子王座を2度獲得し、最近はダークサイドに堕ちた「ダーク・アリー」としてローズマリーらとの物語を繰り広げていた。