【TV結果】インパクト・レスリング IMPACT! 3/15/19|突然の騙し討ち

474
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングは現地時間3月15日、ウィークリー番組『IMPACT!』を放送。収録は米ネバタ州ラスベガスにて開催され、さまざまなセグメントが展開すると共に計5試合が行われた。

白熱した6人タッグチーム戦を制したのはサミ・キャラハン&oVe

サミ・キャラハン&oVe対リッチ・スワン&ウィリー・マック&トミー・ドリーマー
本日1試合目は6人タッグチーム戦。トミー・ドリーマーの活躍に観客は大きな歓声をあげた。両軍激しい攻防戦を繰り広げる中、勝負を決めたのはサミ・キャラハン。リッチ・スワンらがそれぞれフロッグ・スプラッシュを決めて勝利を掴むかと思われたが、サミがトミーに卑劣な急所攻撃を繰り出した後にパイル・ドライバーを決めて3カウントを奪った。
勝者: サミ・キャラハン&oVe

グレン・ギルバーティ、菊タローに勝利

グレン・ギルバーティ対菊タロー
本日2試合目には日本の覆面レスラー、菊タローが出場。グレン・ギルバーティは試合前、スカーレット・ボルドーを呼び出すも、彼女は応じなかった。試合はギルバーティが展開を優位に進めたが、菊タローもドラゴン・スクリューやシャイニング・ウィザードを繰り出すなど反撃。流れを掴んだ菊タローはトップロープからのムーンサルトを狙うも失敗に終わり、最後はギルバーティがチャートバスターを決めて勝利を手にした。
勝者: グレン・ギルバーティ

KM&ファラ・バー、リノ・スカムを下す

KM&ファラ・バー対リノ・スカム
本日3試合目はタッグチーム戦。両軍、試合開始前から場外で激しくぶつかりあった。激しい攻防戦が続く中、勝負を決めたのはファラ・バー。最後はアダム・ソーンストウのスーパーマン・パンチを防ぐとベリー・トゥ・ベリー・スープレックスを決めて3カウントを奪った。
勝者: KM&ファラ・バー

LAX、現インパクト世界タッグチーム王者ルチャ・ブラザーズと再戦へ

現インパクト世界タッグチーム王者ルチャ・ブラザーズはLAXとの再戦を全く恐れていない様子。敬意を払わない彼らに対して、コナンは「重い代償を払うことになるぞ」を告げた。その後、怒るコナンはオルティスとサンタナに対して「戦争を始めるぞ」と宣言。両軍の再戦は5150スタイル(ストリート・ファイトマッチ)となりそうだ。

ジョーディン・グレイス、テッサ・ブランチャードを下し次期女子王座挑戦権を獲得

テッサ・ブランチャード対ジョーディン・グレイス|次期インパクト・ノックアウト王座挑戦者決定戦
本日4試合目は次期女子王座挑戦権を懸けた一戦。前王者テッサ・ブランチャードがジョーディン・グレイスとの試合に臨んだ。テッサはコード・ブレイカーを、グレイスはみちのくドライバーを決めるなど両者好勝負を披露。試合が進む中、最後はグレイスが相手の蹴りを上手く防ぐと、グレイス・ドライバーを決めて勝利を掴んだ。
勝者: ジョーディン・グレイス

ゲイル・キム、怒り狂うテッサ・ブランチャードを追い出す

ジョーディン・グレイスとの試合に敗れ、次期女子王座挑戦権を逃したテッサ・ブランチャードが観客に悪態をつき、団体関係者に暴行を加える中、インパクト殿堂者ゲイル・キムが登場。彼女はテッサを激しく攻撃し、リングから追い出した。

テッサ・ブランチャードに暴行を加えたゲイル・キム、一週間の謹慎処分を告げられる

舞台裏にはゲイル・キムの攻撃を受けたテッサ・ブランチャードの姿が。彼女はスコット・ダモアに「あなたどんな団体を運営してるのよ!?私はこの団体一のスターよ!」と不満をぶちまけた。そんな中、ゲイル・キムがその場に姿を見せると、テッサと激しく口論。すると、ダモアは「選手」であるテッサに暴行を加えたキムに対して、1週間の謹慎処分を科した。

ローズマリー、ダーク・アリーを手中に収めるも…「バニーは死んだ」

前回『IMPACT!』で「闇の戦争」に勝利したローズマリーはダーク・アリーを手中に。バニーを必死に求めるローズマリーだが、ダーク・アリーは「バニーは死んだ」「あなたって可哀そうね」と彼女を嘲笑った。ローズマリーは「バニーはどこだ!?」と激しく問いただすも、ダーク・アリーの態度に変化はなし。ローズマリーは腹を立てながらその場を去っていった。

エディ・エドワーズ&イーライ・ドレイク、デジ・ヒット・スクワッドとの一戦を制す

デジ・ヒット・スクワッド対エディ・エドワーズ&イーライ・ドレイク
本日5試合目はタッグチーム戦。試合が進む中、終盤に入ると場外で試合の行方を見守っていたガーマが介入した。しかしレフェリーの注意を引いたこの行動が裏目に。エディ・エドワーズがレフェリーの目を盗み、竹刀でロヒトを殴打して勝利を掴んだ。
勝者: エディ・エドワーズ&イーライ・ドレイク

インパクト世界王者ジョニー・インパクト、ブライアン・ケイジを嵌める

本日のメインイベントを飾るのはインパクト世界王者ジョニー・インパクト対ブライアン・ケイジの一戦…と思いきや、キラー・クロスが意識不明のインパクトを肩に抱えながら、コンクリートブロックを手に登場。関係者が凶暴な彼を止めに入るも、キラーは彼らに暴行を加えた。

そんな中、ブライアン・ケイジと夫を心配するインパクト・ノックアウト王者タヤ・ヴァルキリーが登場。ケイジはキラーに攻撃を加え、インパクトを救い出した。これをみたヴァルキリーはケイジに感謝…と思われたが、突如背後からローブロー。さらに意識不明と思われたインパクトも起き上がり、ケイジの頭部にコンクリートブロック越しのイス攻撃を放った。突然の騙し討ち。場外ではキラーが笑みを浮かべていた。