oVe、インパクト・レスリングと契約更新。「俺達にとってのホーム」

332
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングはこのほど、oVeとして活動するデイブ・クリスト、ジェイク・クリストと契約を更新したと発表した。

両者は複数年契約を締結。その他詳しい契約内容については明らかとなっていない。米ニュースサイト『Wrestling Inc』の取材に応じたジェイクは「インパクト・レスリングは俺達にとってのホーム。彼らは常に舞台を与えてくれたし、初めてチャンスをくれたりもした。忠実であり続けていいじゃないか。この業界が義理堅くないことは分かってる。でも俺達は義理堅い人間なんだ」と、このたび契約更新した理由を語った。

oVeは2017年8月、PPV『ディスティネーション X』でタッグチーム戦に出場してインパクト・レスリング(当時: GFW)にデビュー。同年9月にはPPV『バウンド・フォー・グローリー』でLAXを破って、同団体が管理するタッグチーム王座を奪取した。なお、oVeのリーダー的存在となっているサミ・キャラハンも2019年2月にインパクト・レスリングと新たに複数年契約を締結した。