【スポイラー】WWE NXT TV収録|2019年3~4月放送予定

※本記事はスポイラー、いわゆるネタバレが含まれております。ネタバレに支障の無い方のみ以下、ご覧ください。

334

WWEは現地時間3月13日、フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にて『NXT』TV収録を開催。収録の模様は3月~4月中にWWEネットワークでの放送を予定している。
※収録が行われた順に掲載していますが、あくまで目安。放送時はセグメント順序など入れ替わってる可能性あり。

『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』に向けてNXT王座は空位に
収録開始に伴いトリプルHが登場。彼は「『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』でNXT王者トマソ・チャンパ対ジョニー・ガルガノの一戦を行なう」と発表する予定だったが、首を負傷したチャンパが保持する王座は空位となる為、同試合を取りやめとすることを観客に告げた。

またトリプルHは、空位となったNXT王座を懸けてジョニー・ガルガノが『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』で3本勝負の戦いに臨むと発表。彼の対戦相手はフェイタル5ウェイ戦(出場者: アレイスター・ブラック、リコシェ、マット・リドル、アダム・コール、NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム)の勝者となる。

空位のNXT王座を懸けた一戦に臨むのはジョニー・ガルガノと…アダム・コール。舞台は『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』
空位のNXT王座を懸けた一戦に臨むジョニー・ガルガノの対戦相手となるのは、フェイタル5ウェイ戦(出場者: アレイスター・ブラック、リコシェ、マット・リドル、アダム・コール、NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム)に勝利したアダム・コール。両者の一戦は『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』で行われる。

パニッシュメント・マルティネス、リディック・モスとの一戦を制す
パニッシュメント・マルティネス対リディック・モスの一戦はマルティネスが勝利を収めた。

ウンベルト・カリージョ、アルバート・ハーディー・ジュニア(ACH)を下す
ACHの名でも知られるアルバート・ハーディー・ジュニアがシングル戦に出場。試合はウンベルト・カリージョが勝利を収めた。

NXTタッグチーム王者ウォー・レイダーズ、ジョバー2名を相手に圧勝
ウォー・レイダーズはジョバー2名と対戦。試合はスカッシュマッチとなり、ウォー・レイダーズが圧勝した。

NXTタッグチーム王者ウォー・レイダーズ、続けてもう1試合
ジョバー2名に圧勝したウォー・レイダーズは物足りなかったのか、もう1試合を要求。彼らはセザル・ボノーニ&アドリアン・ジャウジと対戦し、再び勝利を収めた。

ジャクソン・ライカー、オニー・ローカンに勝利
フォーガットン・サンズに属するジャクソン・ライカーがオニー・ローカンと対戦。試合はライカーが勝利を収めた。

NXT女子王座戦線はさらに過熱
ビアンカ・ベレア対カイリ・セインの一戦が行われたが、NXT女子王者シェイナ・ベイズラー、ジェサミン・デューク、マリーナ・シャフィールが乱入し、試合はノーコンテストとなった。イオ・シライが救助に現れる中、彼女らの乱闘はNXT所属女性スーパースターやその他関係者が止めに入る事態に。最後はイオがNXT女子王座を掲げてセグメントは終了した。

ラウル・メンドーザ、ブレナン・ウィリアムズに勝利
ラウル・メンドーザはブレナン・ウィリアムズと対戦。試合はメンドーザが勝利を収めた。

『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』に向けてアダム・コールとジョニー・ガルガノが対面
『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』で行われる空位のNXT王座を懸けた一戦に向けて、アダム・コールとジョニー・ガルガノが対面。ジ・アンディスピューテッド・エラがバックにつくコールは、ガルガノを威圧した。

ホースウィメンが暴挙に出る
ヴァネッサ・ボーン&アリーヤ対ケイシー・カタンツァーロ&レイシー・レーンの一戦は、ホースウィメン(NXT女子王者シェイナ・ベイズラー、マリーナ・シャフィール、ジェサミン・デューク)の乱入により終了。ホースウィメンがケイシーとレイシーに暴行を加える中、ヴァネッサとアリーヤはその場から退散した。

NXT北米王者ベルベティーン・ドリーム、マット・リドルと対戦へ。舞台は『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』
マット・リドルはコナ・リーブスを相手に勝利。試合後、女性2人を従えるNXT北米王者ベルベティーン・ドリームは、『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』でリドルとの防衛戦を行なうと明かした。

『ダスティ・ローデス・クラシック』決勝戦を制したのはアレイスター・ブラック&リコシェ
NXTタッグチーム王座挑戦権を懸けたトーナメント『ダスティ・ローデス・クラシック』決勝戦は、リコシェ&アレイスター・ブラックがフォーガットン・サンズに勝利。試合後、ブラックとリコシェは『NXTテイクオーバー: ニューヨーク』で対戦するNXTタッグチーム王者ウォー・レイダーズと対峙した。

さらにブラックとリコシェは今後について言及。今回が彼らにとって最後の『NXT』TV収録になる可能性があるとし、NXTブランドに対する想いを語って番組収録を締めた。