【PPV結果】WWE ファストレーン 2019(前編)|「祭典への道」最終章へ突入

375

WWEは米国時間3月10日、米オハイオ州クリーブランドにあるクイッケン・ローンズ・アリーナにてPPV『ファストレーン』を開催した。(※本記事はPPV本編1~4試合目の結果を掲載。「キックオフ・ショー」の結果は別記事にて掲載中。PPV本編5試合目~メインイベントまでの結果については別記事にて掲載中)

「世界最高のタッグチーム」がSDタッグチーム王者ジ・ウーソズに敗れる

ジ・ウーソズ(ジミー・ウーソ&ジェイ・ウーソ)(c)対シェイン・マクマホン&ザ・ミズ|スマックダウン・タッグチーム王座戦
PPV本編1試合目はSDタッグチーム王座戦。会場の観客は地元出身のザ・ミズに大きな声援を送った。ザ・ミズはトップロープから場外へのダイブやスカル・クラッシングフィナーレを、シェイン・マクマホンはコースト・トゥ・コーストを、ジ・ウーソズは見事な連携技を決めるなど白熱した試合が繰り広げられる中、試合を制したのはSDタッグチーム王者。最後はジミー・ウーソがトップロープからのフロッグ・スプラッシュを仕掛けたザ・ミズを上手く丸め込んで、王座防衛に成功した。
勝者: ジ・ウーソズ(王座防衛)

シェイン・マクマホンが祭典を前にヒールターン。ザ・ミズを攻撃し、彼の父親にも手を加える

SDタッグチーム王座戦終了後、敗れた「世界タッグチーム」が健闘をたたえる中、シェインはザ・ミズを攻撃。彼はリングサイドで試合を観戦していたザ・ミズの父親にも手を加えた。この行動に観客は大ブーイング。シェインがヒールターンした瞬間となった。

“女帝”アスカ、マンディ・ローズを破り王座防衛。ソンヤ・デヴィルの援護が仇となる

アスカ(c)対マンディ・ローズ(w/ ソンヤ・デヴィル)|スマックダウン女子王座戦
PPV本編2試合目はSD女子王座戦。ソンヤ・デヴィルは試合に介入し、マンディ・ローズを援護した。アスカがジャーマン・スープレックスや強烈なニーキックを決めるなど相手を追い詰めていく中、援護を試みたソンヤ・デヴィルの行動が仇となり、マンディ・ローズは転倒。その直後に強烈な蹴りを見舞ったアスカが3カウントを奪い、王座防衛に成功した。
勝者: アスカ(王座防衛)

コフィ・キングストン、念願のWWE王座戦に出場…と思いきやザ・バーとのハンディキャップ戦を強いられる

ザ・バー(シェイマス&セザーロ)対コフィ・キングストン
PPV本編3試合目は突如決定した2対1のハンディキャップ戦。試合開始前、ビンス・マクマホン会長は本日のWWE王座戦にコフィ・キングストンを加える決定を下したが、直前になって変更があり、同試合が行われることとなった。数的不利のコフィを救うべくビッグ・E&エグザビアー・ウッズが登場するも、シンスケ・ナカムラ&ルセフがこれを阻止。ザ・バーはコフィにホワイト・ノイズを決めて勝利を収めた。
勝者: ザ・バー

三つ巴のRAWタッグチーム戦を制したのはザ・リバイバル

ザ・リバイバル(c)対アレイスター・ブラック&リコシェ対チャド・ゲーブル&ボビー・ルード|RAWタッグチーム王座戦
PPV本編4試合目は三つ巴によるRAWタッグチーム王座戦。観客は「N-X-T!!」と、アレイスター・ブラック&リコシェに声援を送った。全軍ぶつかり合う激しい戦いが繰り広げられる中、勝利を手にしたのは王者。ザ・リバイバルがチャド・ゲーブルにシャッター・マシーンを決めて3カウントを奪った。
勝者: ザ・リバイバル(王座防衛)
試合後も彼らは戦いを継続。ボビー・ルードはスコット・ドーソンにグロリアスDDTを、ブラックはボビー・ルードにブラックマスを、リコシェはダッシュ・ワイルダーにトップロープからの630°スプラッシュなどを決めた。