【PPV結果】WWE ファストレーン 2019(Kickoff)|本編開始を前にシンスケ・ナカムラらが登場

241

WWEは米国時間3月10日、米オハイオ州クリーブランドにあるクイッケン・ローンズ・アリーナにてPPV『ファストレーン』本編開始を前に「キックオフ・ショー」を開催した。(※本記事は「キックオフ・ショー」の結果のみを掲載。PPV本編1~4試合目の結果は別記事にて掲載中。5試合目~メインイベントまでの結果は別記事にて掲載中)

司会進行役を務めたのはジョナサン・コーチマン。WWE殿堂者ベス・フェニックス、デビッド・オタンガ、サム・ロバーツがパネリストに加わった。番組内ではPPV本編に向けて議論が行われると共にシンスケ・ナカムラ&ルセフ対ビッグ・E&エグザビアー・ウッズ戦が行われた。

WWE、計画を変更。PPV本編でUS王座戦を開催へ

WWEはPPV『ファストレーン』本編にてUS王座戦を行なうと発表した。同王座戦に出場するのはUS王者サモア・ジョー、レイ・ミステリオ、アンドラーデ、Rトゥルースの4人。当初は「キックオフ・ショー」でレイ・ミステリオ対アンドラーデ戦が行われる予定だったが、計画は変更された。

シンスケ・ナカムラ&ルセフ、ニュー・デイに敗れる

シンスケ・ナカムラ&ルセフ対ビッグ・E&エグザビアー・ウッズ
「キックオフ・ショー」で行われた唯一の試合はタッグチーム戦。シンスケ・ナカムラがルセフと組み、ニュー・デイと対戦した。試合も中盤に入ると、ビッグ・Eはシンスケを猛攻撃。しかし、シンスケも相手に強烈なニーキックを加えるなど応戦した。終盤に差し掛かるとラナの介入などもありルセフらが試合を優位に進めていったが、勝利を収めたのはニュー・デイ。最後は彼らがルセフにアップアップ・ダウンダウンを決めて勝利を収めた。
勝者: ビッグ・E&エグザビアー・ウッズ