インパクト・レスリング、元TNAノックアウト王者マディソン・レインとの契約を発表

316

インパクト・レスリングは現地時間3月1日、元TNA(現インパクト・レスリング)ノックアウト王者=女子王者マディソン・レインと複数年契約を締結したと発表した。

レインの復帰時期に関しては不明。彼女は2018年7月開催のPPV『スラミバーサリー XVI』に出場して以来の復帰となる。別記事にてお伝えしたように、レインは先日、ROH(リング・オブ・オナー)を退団したと報じられていた。

レインは2009年から2018年までインパクト・レスリングで断続的に活動を行い、同団体が管理する女子王座を5度、女子タッグチーム王座(同王座は2013年に廃止)を2度獲得。2018年8月にWWEが主催する女子トーナメント『メイ・ヤング・クラシック』に「アシュリー・レイン」の名で出場したことでも知られる。

また、同年9月には「史上最大のインディー・レスリングショー」と銘打たれた『ALL In』に出場し、1万人もの観客の前でテッサ・ブランチャード、ブリット・ベイカー、チェルシー・グリーンとの四つ巴戦に臨んだ。