元TNAノックアウト王者ローズマリー、インパクト・レスリングと新契約締結

448
© Anthem Wrestling Exhibitions, LLC

インパクト・レスリングは米国時間2月28日、元TNA(現インパクト・レスリング)ノックアウト王者=女子王者ローズマリーと新契約を締結したと発表した。

ローズマリーは同日、同団体のポッドキャスト番組『Press Pass』に出演。新たに2年契約を締結したことが明らかとなった。怪奇派女子として活躍する彼女は、今後もインパクト・レスリングでの活動を続けていく。

ローズマリーは2016年に同団体デビュー。同年10月にはジェイド(ミア・イム)を破り、空位のTNAノックアウト王座を初奪取した。2018年は前十字靭帯を損傷し長期離脱。2019年1月にはPPV『ホームカミング』に登場し、8ヶ月ぶりの復帰を果たした。

インパクト・レスリングは2月中旬、エディ・エドワーズと新たに長期契約を締結したことを発表。加えて、米ニュースサイト『Wrestling Inc』は先日、ファラ・バーとサミ・キャラハンが新たに複数年契約を結んだと報じている。