マット・ハーディー、『SD LIVE』で復帰し「ハーディー・ボーイズ」を再結成

407

WWEは現地時間2月26日、米ノースカロライナ州シャーロットにスペクトラム・センターあるにて『スマックダウン・ライブ』を開催。戦線離脱していたマット・ハーディーが復帰し、ジェフ・ハーディーとのタッグチーム「ハーディー・ボーイズ」が再結成された。

ハーディー・ボーイズは同日、ザ・バー(シェイマス&セザーロ)と対戦。試合から遠ざかっていたマットはジェフとの見事な連携を見せて、観客を魅了した。試合はマットがシェイマスにツイスト・オブ・フェイトを、ジェフがスワントーンボムを立て続けに決めて勝利。およそ5ヶ月ぶりとなるマットの復帰戦を白星で飾った。

ハーディー・ボーイズは2017年4月、PPV『レッスルマニア 33』でWWEに電撃復帰。マットは2018年9月、『WWE LIVE』(ハウスショー)終了後に「家に帰る時だ…父親であり夫となる。この業界ではこれまでに想像した以上のことをしたよ。俺と共に素晴らしい旅をしてくれてありがとう。皆を愛してるよ」と事実上の現役引退を匂わせる発言を行ったが、2019年1月には「俺は引退していないし、近い内に引退するつもりもない」と現役を続けていく意思を明確にした。