レイシー・エバンス、WWE女子部門における「ビッグ3」の1人となるか

2816

少しずつその存在を知らしめている”淑女”は、WWEの第一線で活躍する存在となっていくのか。

米メディア『レスリング・オブザーバー』のデイブ・メルツァーが自身のラジオ番組で語ったところによると、ロンダ・ラウジーがWWEを離脱した際には、ベッキー・リンチやシャーロット・フレアーと共にレイシー・エバンスを女子部門における「ビッグ3」にする狙いがあるとのこと。WWEは彼女を一流のスターとして見ているようだ。なお、ロンダの離脱時期は本人の意向に沿うとみられる。

エバンスは先日、PPV『エリミネーション・チェンバー』に出演。これはいわゆる”ゴリ推し”計画の第一歩と言われている。また、彼女はブランドの垣根を超えて『RAW』と『スマックダウン・ライブ』に出演。観客に自身の存在をアピールしている。

レイシーは2014年にプロレスデビュー。2016年4月にWWEと契約を交わしたことが発表され、同年10月にはNXT LIVE(ハウスショー)で行われたバトルロイヤル戦に初出場した。2018年12月にメインロスター入りが発表され、2019年1月にPPV『ロイヤルランブル』に出場。今後の活躍が期待される。なお、元アメリカ海兵隊員。19歳で入隊し5年間在籍した。