ベッキー・リンチに60日間の謹慎処分。祭典には代役シャーロット・フレアーが出場へ

735

WWEは現地時間2月11日、 米ミシガン州グランド・ラピッズにあるヴァン・アンデル・アリーナにて『RAW』を開催。PPV『レッスルマニア 35』で行われるRAW女子王座戦に、ベッキー・リンチの代役としてシャーロット・フレアーが出場することが決定した。

同日、ベッキー・リンチは祭典に出場すべく気持ちを押し殺してトリプルHとステファニー・マクマホンに謝罪。これが受け入れられ一旦は祭典への出場を決めるも、突如現れたビンス・マクマホン会長はベッキーの態度が気に入らないとして60日間の謹慎処分を言い渡した。

ベッキーはこれで祭典には間に合わないことに。会長は彼女の代役としてシャーロット・フレアーを代役に選出した。ベッキーの夢はこのまま潰えるのか。現時点において、『レッスルマニア 35』ではRAW女子王者ロンダ・ラウジー対シャーロット・フレアー戦が行われる予定である。

『レッスルマニア 35』は現地時間4月7日、米ニュージャージー州イーストラザフォードにあるメットライフ・スタジアムにて開催。現地の模様はWWEネットワークで生配信される。