【TV視聴者数】WWE スマックダウン・ライブ 2/5/19|200万人台を下回る

120

今週開催された『スマックダウン・ライブ』(2019.2.5)の視聴者数は…。今回は番組冒頭に謹慎処分中のベッキー・リンチと幹部であるトリプルHが対峙し、メインイベントにはWWE王者ダニエル・ブライアン対ジェフ・ハーディー戦が行われた。

今週の平均視聴者数は184万1000人。先週の213万7000人と比べて14%減少した。同時間帯のケーブルテレビ全体で見ると20番目に見られた番組となり、視聴者層を18歳から49歳に絞ると10番目に見られた番組であった。

同日夜はトランプ米大統領の一般教書演説に関する番組が多く放映された為、その影響を受け減少する結果となった。なお、昨年も一般教書演説と放映日が重なり250万9000人を記録。こちらはPPV『ロイヤルランブル』開催後の放送であった。

2019年『スマックダウン・ライブ』平均視聴者数トラッカー
1月1日放送: 209万1000万人(収録放送)
1月8日放送: 203万2000人
1月15日放送: 214万3000人
1月22日放送: 214万2000人
1月29日放送: 213万7000人(PPV『ロイヤルランブル』開催後)
2月5日放送: 184万1000人