ペイジ、今後の新たな役割を語る「誰かのマネージャーになりたい」

756

WWEに所属するペイジは先日、英メディア『Sky Sports』の取材に応じた際に今後の活動内容について答えた。

「現時点においては分からないわ」2018年12月にスマックダウン・ブランドのGM職を退いたペイジはこう話した。「誰かのマネージャーになりたいわね。誰のかはわからないけど、是非ともやりたいわ。もしそうでなければ分からない。私はただ団体(WWE)の一員でありたいの。この団体が大好きだからね。私はおしゃべりが好き。上手くやれるかはわからないけど試しにやってみたいわね」

ペイジは2017年12月、WWE LIVE(ハウスショー)で行われた試合中に首を負傷。それ以降は身体的接触を避ける役回りをこなし、2018年4月には『RAW』番組内でプロレスラーとしての引退を正式に発表した。その後はスマックダウン・ブランドのGM職に就任。2018年12月にマクマホン家がWWEの再出発を宣言するまでGMとして活動した。