ローマン・レインズ、『ワイルド・スピード』スピンオフ映画でザ・ロックと共演。2人がコメントを発表

3502

ハリウッドで活躍を続ける”ロック様”ことドウェイン・ジョンソンは現地時間25日、自身のインスタグラムを更新し、従兄弟であるローマン・レインズが『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題: Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』で兄弟役を演じることを発表した。

「我々の映画の中での彼(ローマン・レインズ)の集中力、努力、本物のパフォーマンスをとても誇りに思う」ザ・ロックは撮影現場の画像を添えてこう綴った。「彼が白血病を治すため一日一日を大切に生きている時に、共にこの場所で充実した時間が過ごせることをとても感謝している」

ザ・ロックと共に映画出演するレインズは昨年10月、自身の白血病が再発したことを『RAW』番組内で告白。「これは引退スピーチではない。白血病を再び倒し、ホームに帰ってくる」「必ず戻ってくる。すぐに会える」と観客の前で語り、WWEでの活動を休止した。

今回の映画出演発表に伴い、レインズも自身のインスタグラムにコメントを投稿。「従兄弟(ザ・ロック)と共にこの素晴らしい場所で過ごした時間は本当に癒やしの恵み。このシリーズ作品の一員にさせてくれたWWE、ザ・ロック、ユニバーサル・ピクチャーズや『ホブス&ショウ』撮影現場の皆に感謝している。あなた達の働きかけやサポートは有り難いことであり、出来るだけ早くリングに戻れるようにと駆り立てられる」と綴った。

『ワイルド・スピード』シリーズのスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題: Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』は2019年8月2日に米国公開予定。