クリス・ジェリコ、新団体AEWとの契約内容は。WWEのビンス会長には事前報告

2148

新団体AEW(オール・エリート・レスリング)と正式契約を交わしたクリス・ジェリコだが、その契約内容はどういったものなのか。

米メディア『レスリング・オブザーバー』のデイブ・メルツァーが自身のラジオ番組で語ったところによると、クリス・ジェリコはAEWと3年契約を締結したとのこと。ただし独占契約ではなく、新日本プロレス参戦や自身が主催するイベント「ジェリコ・クルーズ」の開催も許可されているようだ。

ジェリコは現地時間1月8日、米フロリダ州ジャクソンビルにて開催されたAEWの決起集会に登場。その後、代表を務めるトニー・カーンの隣で同団体と正式に契約を交わした。

なお、ジェリコはAEWとの契約締結後の現地時間9日、ラジオ番組『Busted Open Radio』にゲスト出演した際、WWEのビンス・マクマホン会長との関係性について言及。「殆どがプライベートなものだが、彼(ビンス)とは非常に友好的な会話をした。彼は知ってた、俺が何をするかを。あれはサプライズではない」と、ジェリコがAEWと契約することをビンスは事前に知っていたことを明かした。