ビンス・ルッソが語る、”今”のシンスケ・ナカムラとジンダー・マハルの扱い。

2050

WWEWCWヘッドライターのビンス・ルッソがWrestling Incのポッドキャストに出演し、ジンダー・マハルとシンスケ・ナカムラのストーリーラインに対しWWEは舵を切り違えていると主張しました。

ジンダー・マハルについて

「この3週間、WWE王者としてのジンダー・マハルの方向性は間違ってるよ。 彼ら(WWEクリエイティブライター達)は彼を殺してる。ヘマをしたね。それぐらいひどい扱いだよ。キャラクター転向したスーパースターズに対してこれが彼らのやり方なんだ。アティチュード期を振り返ると、毎公演WWE王者を中心にショーが作り上げられてたんだ。王座戦を含めてね。ショーを作り上げるにあたり最も重要なことだよ。昨日、王座を獲得してから3週間経ったけど王者の扱いじゃないみたいだ。シェイン・マクマホンがモジョとの王座戦を発表した時は”これがお前達の王者の扱いか!”って思ったよ」

シンスケ・ナカムラについて

「いつもWWEが抱える問題なんだけど、かつてはTV番組でキャラクターの創造、ストーリーラインの発展に多くの時間を割いていたんだ。試合を行う前はそこが一番重要なんだよ。だが彼に対し、キャラクターを確立させようとしない、ストーリーらしいストーリーラインを組まない、ただ試合を見せたいだけ。彼は試合で魅せるしかないんだよ。次回PPV『マネー・イン・ザ・バンク2017』で計6人出場のマネー・イン・ザ・バンクマッチに出場するが、それまでの間複数人とただただ絡ませるだけのストーリーラインは何の意味も成さないよ。こんなユニークな男に対し彼らは何をした?WWEは今の彼を俺に見せて興奮させてくれるのかな?」

[Source: Wrestling Inc]