【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 1/8/19|PPVに向けた物語が動く

270

WWEは現地時間1月8日、米フロリダ州ジャクソンビルにあるジャクソンビル・ベテランズ・メモリアル・アリーナにて『スマックダウン・ライブ』を開催した。

番組冒頭を飾るのは「YESムーブメント」を自ら葬ったダニエル・ブライアン

番組開始に伴い、WWE王者ダニエル・ブライアンは会場内で観客に悪態をついた。AJスタイルズへの挑発行為も行う中、突如としてRトゥルースが彼を襲撃すると、両者による一戦が行われることとなった。

ダニエル・ブライアン、Rトゥルースを撃破。試合後、AJスタイルズが王者を襲撃

ダニエル・ブライアン対Rトゥルース
本日1試合目はシングル戦。Rトゥルースはジョー・ブリーカーを決めるなど相手を追い詰めていくかと思われたが、試合を制したのはダニエル・ブライアン。最後はランニング・ニーを決めて3カウントを奪った。
勝者: ダニエル・ブライアン
試合後、WWE王者を襲撃したのはAJスタイルズ。関係者が止めに入り、ダニエルはその場から退散した。

アンドラーデ”シエン”アルマス、レイ・ミステリオにピンフォール勝ち

レイ・ミステリオ&ムスタファ・アリ対サモア・ジョー&アンドラーデ”シエン”アルマス(w/ ゼリーナ・ベガ)
本日2試合目はタッグチーム戦。白熱した両軍の攻防戦が続く中、勝負を決めたのはアンドラーデ”シエン”アルマス。最後はレイ・ミステリオにハンマーロックDDTを決めて3カウントを奪った。
勝者: サモア・ジョー&アンドラーデ”シエン”アルマス

ザ・ミズとシェインは「同じ考え」…なの?

「世界最高のタッグチーム」の一人であるザ・ミズは今すぐスマックダウン・タッグチーム王座を狙っているようだが、相棒のシェイン・マクマホンはまだ早いと感じているようだ。ザ・ミズはシェインが権力を使えば王座に挑戦できると考えているが、シェインはきちんと段階を踏みたい様子。シェインが「俺たちは同じ考えか?」と尋ねると、ザ・ミズは少し考えながら「同じ考えだよ」と答えた。本当にそうなのだろうか…。

抗争を続けるシンスケ・ナカムラとルセフの物語

抗争を続けるシンスケ・ナカムラとUS王者ルセフは衝突。ルセフが「お前がラナをつぶした」と先週の件について話すシンスケを舞台裏へと探しに向かうも、彼はシンスケの攻撃を受けてしまった。そこへ関係者が止めに入るも、シンスケのキンシャサが炸裂。ルセフは目を見開いたまま倒れ込んだ。

ザ・バー、ジ・ウーソズに勝利。試合後、「世界最高のタッグチーム」が王者に挑戦

ザ・バー対ジ・ウーソズ
本日3試合目はタッグチーム戦。同試合はノンタイトルマッチだったが、ジ・ウーソズにとっては次期王座挑戦権が懸かった一戦となった。両軍の激しい攻防戦が続く中、ジェイはジミーへのタッチを試みるも、突如姿を見せたマンディー・ローズがジミーを誘惑。ジミーがこれに気を取られるとタッチは成功せず、最後はセザーロがニュートラライザーを決めて勝利を収めた。
勝者: ザ・バー
試合後、姿を現したザ・ミズはザ・バーの王座に挑戦することを表明。これを聞いたシェイマスはザ・ミズへブローグ・キックを放った後、挑戦を受け入れた。

夫を誘惑されたナオミ、マンディー・ローズに怒り心頭

ナオミは、自身の夫ジミー・ウーソを誘惑したマンディー・ローズに怒り心頭。ソンヤ・デヴィルもまとめて、舞台裏で攻撃を加えた。しかし、数的不利のナオミは返り討ちに。ジミーが現れると、彼女らを止めに入った。

「世界最高のタッグチーム」がタッグチーム王座奪取に向けてまとまる

舞台裏ではザ・ミズとシェイン・マクマホンが話し合い。このタイミングでの王座挑戦はシェインの考えとは違っていたが、ザ・ミズの力説もあり最後はタッグチーム王座奪取に向けて二人がまとまった。「世界最高のタッグチーム」はPPV『ロイヤルランブル』で王者ザ・バーに挑戦する。

ベッキー・リンチ、三つ巴戦を制してSD女子王者挑戦権を獲得

ベッキー・リンチ対シャーロット・フレアー対カーメラ|SD女子王座挑戦者決定戦
本日のメインイベントを飾るのはSD女子王座挑戦権を懸けた一戦。シャーロットのナチュラル・セレクションやスピアー、カーメラの強烈なキック、ベッキー・リンチのベクスプロイダーが披露されるなど白熱した攻防戦が続く中、最後はベッキーがカーメラにディス・アーム・ハーを決めて勝利を手にした。
勝者: ベッキー・リンチ
試合後、SD女子王者アスカが登場。彼女は挑戦者となるベッキーと対面し、互いに相手を挑発した。両者の一戦はPPV『ロイヤルランブル』で行われる。