【TV視聴者数】WWE RAW 1/7/19|新年1発目、200万人台に戻す

129

今週放送された『RAW』(2019.1.7)の視聴者数は…。今回は同番組における2019年1発目の放送(米国では)。ハルク・ホーガン、ブロック・レスナー、ジョン・シナらの登場が事前に発表された。

今週の平均視聴者数は232万4000人。先週の196万8000人と比べて18%増加し、3週間ぶりに200万人台に数字を戻した。放送開始1時間目には260万9000人、2時間目には229万4000人、3時間目には207万人を記録した。

同日夜のケーブルTV全体で見ると10番目に多く見られた番組となり、視聴者層を18歳から49歳に絞ると7番目に多く見られた番組となった。同日夜はカレッジフットボール・プレーオフ・ナショナルチャンピオンシップに関する番組が上位を占め、8時台には2432万2000人が試合を視聴した。

ブロードキャストTVでは恋愛リアリティー番組『The Bachelor』(ABC)が512万7000人、コメディドラマ『ビッグバン セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)は636万6000人、オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』(NBC)は996万2000人、テレビドラマ『レジデント/型破りな天才研修医』(FOX)は197万人、テレビドラマ『THE FLASH/フラッシュ』(CW)は68万4000人を記録。全て夜8時台に放送された。

2019年『RAW』平均視聴者数トラッカー
1月7日放送: 232万4000人