【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 2017.06.13 – マネー・イン・ザ・バンクまで後5日。

458

現地時間613日(火)午後8時、ルイジアナ州ニューオーリンズにてRAWが開催された。
本公演はスマックダウン・ライブ単独PPV「マネー・イン・ザ・バンク」直前の公演である。
以下、結果速報となります。

8人タッグチームマッチ
エグザビアー・ウッズ&コフィ・キングストン&ブリーザンゴ w/ビッグE対ジ・ウーソズ&コロンズ

ニューデイの入場はニューオーリンズらしさ満点のジャズバージョン。各出場メンバー、試合前にマイクパフォーマンスで煽り合う。
試合はゆったりとしたテンポで進む中、コフィ・キングストンとエグザビアー・ウッズのツープラトン攻撃がプリモに決まりピンフォール勝ち。
勝者: エグザビアー・ウッズ&コフィ・キングストン&ブリーザンゴ

ノンタイトルマッチ – シングルマッチ
ナオミ対タミーナ

試合直前、ラナがリングサイドに姿を現し試合を観戦。
タミーナが持ち前のパワーで試合を優位に進めるも、ナオミがトップロープからのムーンサルトでピンフォール勝ち。
勝者: ナオミ
試合後ラナがナオミを襲いスマックダウン・ウィメンズ王座を掲げ上げ、PPVに向けてナオミを牽制した。

ランディ・オートン、ジンダー・マハルにRKO

 

リングにジンダー・マハルが登場しWWEユニバースに対し敬意を払えと主張。
更に今週日曜に開催されるPPV「マネー・イン・ザ・バンク」で対峙するランディ・オートンとの試合に向けて意気込みを語る。すると、そこへランディ・オートンが登場しジンダー・マハルを襲いRKOでノックダウン。存在感を見せつけた。

シングルマッチ
シャーロット対ナタリア

試合は一進一退の攻防を続けるも、最後はシャーロットのネックブリーカーが決まりピンフォール勝ち。
勝者: シャーロット・フレアー

ファッション・ファイルズ -Sweet Victory-

タイラー・ブリーズが何者かに襲われ、犯人像を絵に描くファンダンゴ。
特徴を聞きながら、出来上がった犯人の似顔絵は…ただの棒人間。このシリーズ大好き。

6人タッグチームマッチ
サミ・ゼイン&AJスタイルス&シンスケ・ナカムラ対バロン・コービン&ケビン・オーエンス&ドルフ・ジグラー

試合はシンスケ・ナカムラ対ドルフ・ジグラーで開始。それぞれが持ち味を出し合う好試合。
最後はサミ・ゼインのヘルヴァキックがバロン・コービンに決まりピンフォール勝ちとなった。
勝者: バロン・コービン&ケビン・オーエンス&ドルフ・ジグラー
試合後ドルフ・ジグラーがAJスタイルス、サミ・ゼインを襲撃。そこにケビン・オーエンス、バロン・コービンが加わりリング上で入り乱れる。最後はシンスケ・ナカムラがバロン・コービンにキンシャサを見舞い、ラダーを登り上部に吊るされていたブリーフケースを取りPPVへ向けて勝利への意欲を示した。

日本時間6月19日(月)はスマックダウン・ライブ単独PPV「マネー・イン・ザ・バンク」が開催。
WWEネットワークでどうぞ。