【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 1/1/19|”青”が新年を祝う

216

WWEは現地時間1月1日、新年を祝う『スマックダウン・ライブ』を放送。同番組は12月29日、米ペンシルベニア州ピッツバーグにあるPPGペインツ・アリーナにて収録された。

新年を祝うニュー・デイが登場。ロイヤルランブル戦への出場を発表

番組開始に伴い、ニュー・デイが登場した。彼らはPPV『ロイヤルランブル』で行われるロイヤルランブル戦への出場を発表。さらに、陽気な様子で会場を盛りあげ、新年を祝った。

サモア・ジョー、ジェフ・ハーディーに勝利。WWE王座挑戦権を懸けたフェイタル5ウェイ戦出場へ

ジェフ・ハーディー対サモア・ジョー
本日1試合目はWWE王座挑戦権を懸けたフェイタル5ウェイ戦に出場する者を決するシングル戦が行われた。ジェフ・ハーディーは得意のツイスト・オブ・フェイトやスワントーン・ボムを立て続けに決めるも、サモア・ジョーは場外へエスケープ。彼を追いかけて場外にてコキーナ・クラッチを喰らったジェフはなんとかリングに戻るも、再びコキーナ・クラッチを受けて敗北を喫した。
勝者: サモア・ジョー

“真のAJスタイルズ”を望むビンス・マクマホン。シェイン・マクマホン「願望には気をつけなよ」

舞台裏にはAJスタイルズ、ビンス・マクマホン、シェイン・マクマホンの姿が。先週、ビンスを攻撃したAJは謝罪せず。ビンスに対して「今この場で再び”真のAJスタイルズ”が見たいか」と挑発したAJとこれを聞いたシェインは険悪なムードとなった。ビンスは本当に”真のAJスタイルズ”を望むのか…答えはYES。これに対してシェインは「願望には気をつけなよ」とビンスに伝えた。

シンスケ・ナカムラ、新US王者ルセフを襲撃

先週、シンスケ・ナカムラを破った新US王者ルセフは、ラナと共に観客の前に登場した。勝利を祝う中、突如として現れたシンスケはルセフを襲撃。シンスケのキンシャサを受けたルセフは、偶発的な事故で衝撃を受けたラナと共にリングに倒れ込んだ。

ナオミと抗争を続けるマンディー・ローズ、ジミー・ウーソを利用した心理戦を継続

ソンヤ・デヴィル(w/ マンディー・ローズ)対ナオミ
本日2試合目はシングル戦。ナオミと抗争を続けるマンディー・ローズは試合中、ナオミの夫ジミー・ウーソに送ったセクシー写真を公開するなど心理戦をしかけた。試合はこれに気を取られたナオミが敗北。最後はソンヤが3カウントを奪った。
勝者: ソンヤ・デヴィル

ジョン・シナ、『スマックダウン・ライブ』に復帰

ジョン・シナが『スマックダウン・ライブ』に復帰し、観客に感謝の意を述べた。彼がWWEへの復帰理由を模索する中、ベッキー・リンチが登場。自身の存在を誇示するベッキーはシナを挑発した。

そんな中、アンドラーデ”シエン”アルマスとゼリーナ・ベガが登場。ベガはジョン・シナやベッキー・リンチに対して、「あなた達は元王者同士ね」などと再出発を図るWWEにおいては古い存在であると挑発した。するとシナは、アンドラーデとベガに対戦を要求。四名によるタッグチーム戦へと発展した。

タッグチーム戦を制したベッキー・リンチ、ジョン・シナに「You can’t see me」

ジョン・シナ&ベッキー・リンチ対アンドラーデ”シエン”アルマス対ゼリーナ・ベガ
本日3試合目は急遽決定した男女混合タッグチーム戦。試合はシナにとって苦しい展開が続くも、ベッキーへのタッチをキッカケに形勢は逆転し、流れを取り戻したシナはアンドラーデにアティチュード・アジャストメントやライトニング・フィストを放った。しかし、チーム・パートナーであるはずのベッキーの手によりシナは場外へ。最後はベッキーがベガにディス・アーム・ハーを決めてタップアウトを奪った。
勝者: ジョン・シナ&ベッキー・リンチ
試合後、寛大な心でベッキーを許す姿勢をみせたシナは「よくやった」と握手を求めるも、彼女はこれを拒否。ベッキーは「You can’t see me(見えっこねぇ)」”ポーズでシナを挑発し、その場を去っていった。

シャーロット・フレアー、カーメラ、ベッキー・リンチがSD女子王者アスカを狙う

舞台裏にはトリプルHとSD女子王者アスカの姿が。トリプルHはアスカにPPV『ロイヤルランブル』にて王座に挑戦するに相応しい人物を尋ねると、王者は「誰とでも戦う。関係ない。誰も私に敵わないからね」と返答した。すると、そこへ現れたのはシャーロット・フレアー、カーメラ、ベッキー・リンチの3名。彼女らはアスカの王座を狙っている。

「世界最高のタッグチーム」が衣装について話し合い

手を組むことになったザ・ミズとシェイン・マクマホンは、今後着用する衣装について話し合い。ザ・ミズは「ザ・ミズ仕様」の衣装などさまざまなデザインを提案するも、シェインは全て却下。シェインは呆れた様子でその場を立ち去った。

フェイタル5ウェイ戦を制したAJスタイルズ、PPV『ロイヤルランブル』にてWWE王座挑戦へ

AJスタイルズ対ランディ・オートン対サモア・ジョー対ムスタファ・アリ対レイ・ミステリオ
本日のメインイベントを飾るのはWWE王座挑戦権を懸けたフェイタル5ウェイ戦。サモア・ジョーはAJスタイルズを実況席へ葬り、ムスタファ・アリはレイ・ミステリオにスパニッシュ・フライを決めるなど、試合は激しい展開となった。

その後もミステリオの619やオートンのRKOが披露されるなど、さらなる盛り上がりをみせる中、試合を制したのはAJ。彼はスプリングボード450°スプラッシュをオートンに決めて3カウントを奪った。試合を制したAJは、PPV『ロイヤルランブル』にてWWE王者ダニエル・ブライアンに挑戦する。
勝者: AJスタイルズ