ジ・エリート、AEWを初公開。「ダブル・オア・ナッシング」含む詳細は近日中に発表

316

コーディ・ローデス、ニック・ジャクソン、マット・ジャクソン、アダム・ペイジは1月1日、YouTubeチャンネル『Being The Elite』の最新エピソードで、これまで噂されていた新団体オール・レスリング・エリート(以下、AEW)の存在を初公開した。

AEWについて詳しいことは不明だが、”ALL In第二弾”とも言える「ダブル・オア・ナッシング」なる公演が今後開催されるとみられる。AEWや同公演に関する詳細は1月8日(米国時間)、米フロリダ州ジャクソンビルにて開催されるイベント「Double or Nothing Rally」の中で発表されるようだ。

ジ・エリートのメンバーは新団体の設立に関わると噂されていた。ジャクソンビル・ジャガーズ(NFL)の共同オーナーを務めるトニー・カーンがAEWの代表を務めるのではないかとも噂されているが、今後の正式発表が待たれる。