【TV結果】WWE RAW 2017.06.12 – ブロック・レズナー、いよいよ登場。

396

現地時間612日(月)、ルイジアナ州ラフェットにてRAWが開催された。
ブロック・レスナーはサモア・ジョーに対しどう出るのか。ビッグ・キャス&エンツォ・アモーレの襲撃犯人は判明するのか。エマはTV復帰を果たすのか。
次回RAW単独PPV「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」に向けて着々とストーリーが動き出す。

ブロック・レスナー復帰

ブロックレズナーがポール・ヘイマンを従えにオープニングから登場。WWEユニバースは彼の復帰に歓喜。
ポール・ヘイマンお馴染みの”My name is Paul…”から始まるマイクパフォーマンスを披露しレズナーを紹介。
先週、サモア・ジョーがヘイマンを襲ったことについて非難し、次期王座挑戦者に相応しくないと彼を牽制。
するとサモアジョーが登場し両者睨み合うった後に乱闘騒ぎに。カート・アングルがセキュリティを呼び込み、更にはRAWスーパースターズが事態を収拾しようとロッカールームから次々とリング上になだれ込む。
なんとか二人を引き離し事態はひとまず収束に向かったのだった。

アライアス・サムソンとギター

CM明け、リング上には先週と同じようにギターを片手にアライアス・サムソンの姿が。またも曲を奏でていると、そこにディーン・アンブローズが登場。

シングルマッチ
ディーン・アンブローズ対アライアス・サムソン

試合がゆったりと進む中、中盤にザ・ミズとマリースが乱入。それに気を取られたディーン・アンブロズはアライアス・サムソンのアンコール(ローリングDDT)を受け、ピーンフォール負けを喫してしまう。
勝者: アライアス・サムソン
ザ・ミズ、マリースはディーン・アンブローズの敗北に喜んでいる様子。

クルーザーウェイト・シングルマッチ(205 LIVE)
セドリック・アレクサンダー対ノーム・ダーw/アリシア・フォックス

ノーム・ダーはフェイスタイムでアリシア・フォックスと会話しながら登場。そのまま試合は開始するもセドリック・アレクサンダーのランバー・チャックがすぐさま炸裂しピンフォール勝ちとなった。
勝者: セドリック・アレクサンダー

ローマン・レインズとサマースラム

来週のRAWで8月にニューヨークで開催されるWWE PPV「サマースラム」でのローマン・レインズに関するプランが発表されることをアナウンス。

ブレイ・ワイアット&セス・ローリンズ、セグメント

ブレイ・アイアットがリングに登場し、「この世は週末に向かっている。それを救う唯一の存在」と主張。更にセス・ローリンズを牽制している中、セス・ローリンズが登場しブレイ・ワイアットに反論。
すると会場が暗転しブレイ・ワイアットが突如、姿を消す。スクリーンに映し出されたブレイ・ワイアットは怪奇現象でセス・ローリンズを牽制した。

カリスト対アポロクルーズ w/タイタスオニール

アキラ・トザワが観客席で観戦している中、試合は開始。序盤でアポロ・クルーズのパワーボムが炸裂しピンフォール勝ちを収める。
勝者: アポロ・クルーズ
試合後、タイタス・オニールがアキラ・トザワをリングに呼び込み勝利を共に分かち合う謎の行動をみせる。

エマ、約一ヶ月ぶりのTV復帰

アレクサ・ブリス、ナイア・ジャックスがリング上に姿を現し「私たちはミッキー・ジェームス、でイナ・ブルークに問題を抱えている、彼女たちのせいだ」とナイア・ジャックスのターゲットを彼女たちに仕向けようとするも、そこにミッキー・ジェームス、デイナ・ブルークが登場。「アレクサ、あなたを含めた私たちがナイアに問題を抱えているのよ」と主張。
すると、そこにエマが登場し約1ヶ月ぶりの復帰となる。更にサーシャ・バンクスも登場し乱闘騒ぎとなる。

6人タッグチームマッチ
アレクサ・ブリス&ナイア・ジャックス&エマ対ミッキー・ジェームス&デイナ・ブルーク&サーシャ・バンクス

試合はサーシャ・バンクスがエマにクロス・フェイスを決め、タップアウト勝ちを収めた。
勝者: ミッキー・ジェームス、デイナ・ブルーク、サーシャ・バンクス

タッグチームマッチ
ヒース・スレイター&ライノ対ザ・ミズ&熊のマスコット(ディーン・アンブローズ)

ザ・ミズは熊のマスコットの中身がディーン・アンブローズと疑う。試合中、パートナーであるのも関わらず熊のマスコットを襲う。正体がディーン・アンブローズとわかり動揺したザ・ミズはマリースに誤爆。更にディーン・アンブローズのダーティー・ディーズを喰らいピンフォール負けを喫した。
勝者: ヒース・スレイター&ライノ

クルーザーウェイト・シングルマッチ(205 LIVE)
ネヴィル対リッチ・スワン

試合はネヴィルのリングス・オブ・サターンでタップアウトを奪った。
勝者: ネヴィル

タッグチームマッチ
カール・アンダーソン&ルーク・ギャローズ対エンツォ・アモーレ&ビッグ・キャス

試合直前にビッグ・キャスはまたも何者かに襲われるも手負いの体で出場。
試合はビッグ・キャスが襲われた影響もあり、エンツォがピンフォールを奪われる。
勝者: カール・アンダーソン&ルーク・ギャロー
試合終了後も攻撃を受けそうになったエンツォを救いにビッグ・ショーが登場。しかしビッグ・キャスはそれに不満気な表情を浮かべていた。

RAWタッグチーム王座戦 – 2アウト・オブ3フォールズ・マッチ(3本勝負)
シェイマス&セザーロ(c)対ハーディー・ボーイズ

試合は序盤から白熱した試合展開。まずはシェイマスのブローク・キックが決まり1本先取。
しかしその後ハーディーズも体制を立て直し、マット・ハーディーのツイスト・オブ・フェイトが決まりなんとか2本目を勝ち取る。
両軍大技を出し合う中、場外乱闘に発展。しかし両軍ともカウントアウトを取られ試合は引き分けとなった。
勝者: カウントアウトにより引き分け(王座移動なし)

来週はローマン・レインズのサマースラムでのプランが発表予定。更に今週に引き続き、ブロック・レスナー登場予定。