ビンス・マクマホン、2019年に「WWE女子タッグチーム王座」を創設すると発表

304

WWEは現地時間12月24日、クリスマス・イブ・エディションとなる『RAW』を放送。サンタクロースに扮したビンス・マクマホンが、2019年に「WWE女子タッグチーム王座」を創設することを発表した。

「WWE女子タッグチーム王座」の創設に関しては以前より噂されていた。WWE(当時はWWF)は1983年、「WWF女子タッグチーム王座」を創設。しかし、同王座は1989年に廃止された。

ステファニー・マクマホンは2018年10月、英メディア『スカイ・スポーツ』の取材に応じた際に「WWE女子タッグチーム王座」を”思っているよりも早く”創設する考えがあることを明らかにしていた。遂に計画が実行に移される。

なお、サンタに扮したビンスはその他にも、ジョン・シナがRAW及びスマックダウン・ブランドで復帰予定であることや、来週の『RAW』(日本時間1月1日放送)ではドリュー・マッキンタイア対ドルフ・ジグラーの金網戦を行うとも発表した。