【EP. 2】 NWA、テレビ、そしてマディソン・スクエア・ガーデン。

1149

本シリーズでは、50年以上の歴史を誇るWWEが如何に現在のグローバル企業に成長していったのか、その歴史に迫る。
※第1話からご覧になられる方は下記リンクからどうぞ
EP. 1 – キャピタル・レスリング・コーポレーション設立。

第2話

団体設立から体制を整えた直後、キャピタル・レスリングは全国各地に点在する多数の団体から成る運営組織NWAに加盟する。当時NWAは業界で最も権威ある組織として認識されており、加盟することによりNWA認定王者を招聘できることが加盟の主因である。これは”地域王者”とは異なり、NWA加盟団体であればテリトリーの枠を超えて全国各地で王座戦を開催できることで、”地域王者”からの脱却が狙いであった。

キャピタル・レスリング到来と期を同じくして、テレビが全米各地に普及し始めた。大多数のプロモーターがライブ集客に影響が出ることを恐れ、テレビでのプロレス放映に反対であったがビンス・マクマホン・シニアは違った。

(デュモン・テレビジョン・ネットワーク)

1956年、ビンス・マクマホン・シニアはデュモン・テレビジョン・ネットワークで2週間のキャピタル・レスリング放送を決断する。その間、彼はテレビ放映に関する全財務責任を負うこととなり、リスクは明白であったがやがて完済。そして3週目、彼はデュモン・テレビジョン・ネットワークと週350ドルでプロレス番組放映権の2年間契約にサイン。これに醸造会社であるガンタービール社がスポンサーに名乗りを上げ、ライブ興行の集客も急増した。

その当時、ワシントン・ポスト紙とタイムズ・ヘラルド紙から受けたインタビューの中で、ライブ興行の集客率増加について尋ねられた際にビンス・マクマホン・シニアはこう答えた。「テレビのおかげだよ。他に何があるのかな?北はペンシルベニア州チェンバーズバーグから南はヴァージニア州スタントンまで予約の問い合わせが来ているよ。」

(マディソン・スクエア・ガーデン)

放送を重ねるに連れ、テレビ局はサンプルとして待望のニューヨーク市場まで放映地域の拡大を許可。偶然にも同時期に、ニューヨークで敏腕プロモーターとして活動していたジョセフ・モンドが他テリトリーのスーパースターに対し契約不履行があったとし、ニューヨーク州体育委員会から6ヶ月の業務停止命令を受けていた。これをきっかけに19561126日、初めてキャピタル・レスリング主催によるマジソン・スクエア・ガーデンでの興行を許可された。

一度、”マクマホン・テイスト”の興行を味わったマジソン・スクエア・ガーデンの観客は虜になり、ジョセフ・モンドに望みは無くなったのである。ドクター・ジェリー・グラハム、ジョニー・バレンタイン、ファビュラス・カンガルーズやその他のキャピタル・レスリング・スーパースターズに打ち勝つには分が悪すぎたのである。

そして1960年までには、このアメリカ北東戦争の最終的な勝者となったのだ。その後、レスリング業界に衝撃を与えるべくライバルであったジョセフ・モンドをキャピタル・レスリングに迎え入れる。(これはWCW崩壊後の2002年にビンス・マクマホンが長年のライバルであった元WCW副社長兼プロデューサー、エリック・ビショフを迎え入れた時と酷似している。)

第3話は下記リンクからどうぞ。
【EP. 3】元祖”ネイチャー・ボーイ”バディ・ロジャース登場。