ビッグ・キャス、HOH主催興行の休憩中に発作。病院へ搬送。「薬物関連ではない」

658

元WWEスーパースターのビッグ・キャスが現地時間12月8日、米フィラデルフィアにある2300アリーナにて開催されたハウス・オブ・ハードコア主催の興行中に、発作を起こして救急車で病院へ搬送された。

『Xfinity』の編集者デイビッド・オンダによると、キャスが発作を起こしたのは興行中に行われた途中休憩の間。彼は会場内のロビーで倒れたとのこと。その際、医師やトミー・ドリーマー、ババ・レイ・ダッドリーが倒れたキャスのもとに駆けつけたという。

デイビッドはその時のキャスの状態に関して「意識はある」「目は開いている」「コミュニケーションが取れる状態であるようにみえる」等と伝えているが、現場は混乱していたとのこと。その後、到着した救急車でキャスは病院へ搬送されたようだ。

ハウス・オブ・ハードコアの代表トミー・ドリーマーはこの件に関して、キャスが発作を起こしたと後に観客の前で発表。発作の原因については不明だが、「薬物関連ではない」と説明した。

なお、キャスは途中休憩後に登場することが予定されていた。彼は12月1日、MVPと対戦して同団体デビュー。6月19日にWWEを退団して以降、米インディー団体で活動を続けている。