元AWA世界タッグチーム王者ラリー”ジ・アックス”ヘニングさん、死去。82歳

143

元AWA世界タッグチーム王者のラリー”ジ・アックス”ヘニング(本名: ローレンス・ヘンリー・ヘニング)さんが現地時間6日、死去したことが分かった。82歳だった。複数の米メディアが報じた。

ヘニングさんはWWE殿堂者”ミスター・パーフェクト”カート・ヘニングの父親であり、WWEスーパースターのカーティス・アクセルの祖父である。WWEの公式ウェブサイトによると、腎不全を患っていたとのこと。

カーティスは自身のツイッターに「こんな日が来ると思わなかった。でも彼は今、僕の父といる。だからきっとうまくいく。愛してるよ」や「安心して。ヘニングの名は永遠に生き続ける」などと心境を綴った。

ヘニングさんはバーン・ガニアのもとで指導を受け、1960年代初めに米ミネアポリスを本拠とする団体AWAに参戦。キャリアを通して同団体を中心に活動し、ハーリー・レイスとのタッグではAWA世界タッグチーム王座を3度獲得。また、日本やオーストラリアなどでも活動。WWWF(現WWE)に参戦した70年代には、当時の王者ブルーノ・サンマルチノに挑戦。85年に引退した。