【TV結果】WWE NXT 12/5/18|王者が火に油を注ぐ

223

WWEは現地時間12月5日、WWEネットワークで『NXT』新エピソードを配信。同公演は米フロリダ州ウインター・パークにあるフルセイル大学にてにて収録が行われた。

マット・リドル、『NXT』TVデビュー戦のパニッシュメント・マルチネスを破るも…

マット・リドル対パニッシュメント・マルチネス
本日1試合目にはマット・リドルと『NXT』TVデビュー戦となるパニッシュメント・マルチネスが対戦。試合開始早々、リドルは相手の首を絞めあげていった。マルチネスも反撃に転じ、強烈なクローズラインを放つなど試合を優位に進めていくかと思われたが、勝利を掴んだのはリドル。最後はブロミッションを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: マット・リドル

試合後、勝利を掴んだマット・リドルの前に現れたのはカシアス・オーノ。彼はリドルを襲撃し、不敵な笑みを浮かべながらその場を後にした。

フォーガットン・サンズ、ラウル・メンドーザ&ウンベルト・カリージョを下す

フォーガットン・サンズ(スティーブ・ カトラー&ウェスリー・ブレイク)対ラウル・メンドーザ&ウンベルト・カリージョ
本日2試合目はタッグチーム戦。両軍互角の戦いを繰り広げた。試合を制したのはフォーガットン・サンズ。最後はカトラーとブレイクが、ストンプとスコーピオン・デスドロップの合体技を決めて3カウントを奪った。
勝者: フォーガットン・サンズ

ダコタ・カイ、ホースウィメンの攻撃を受けるもイオ・シライが救助に現る

シェイナ・ベイズラー(ジェサミン・デューク、マリーナ・シャフィール)対ダコタ・カイ
本日2試合目は女子によるシングル戦。フォー・ホースウィメンのメンバーであるジェサミンとマリーナがNXT女子王者のコーナーについた。ダコタは序盤から勢いよく攻撃を加えていくも、シェイナもコーナーポストに相手を打ちつけるなど反撃。互いに一歩も譲らぬ攻防戦を繰り広げた。

ダコタはトップロープからのストンプを決めるも、ここは2カウント。一方、シェイナはセカンド・ロープからのスープレックスを放った。試合が進む中、勝利を掴んだのはシェイナ。最後はキリフダ・クラッチを決めた。
勝者: シェイナ・ベイズラー

試合後、シェイナ、ジェサミン、マリーナはダコタを囲み攻撃。すると、イオ・シライがダコタを救うべく現れると、ホースウィメンを一蹴した。

トマソ・チャンパ、アレイスター・ブラックとジョニー・ガルガノによる金網戦を焚きつける

「NXTテイクオーバー: ウォーゲーム」にてNXT王座防衛に成功したトマソ・チャンパが登場。彼は観客の前で「2018年に最も優れたスポーツ・エンターテイナーは俺だ。2019年もそうなる」と自信満々に語った。

そんな中、アレイスター・ブラックが登場。彼は王者に対して『NXTテイクオーバー: フェニックス』で対戦することを要求した。すると、ジョニー・ガルガノが登場。彼はブラックとの戦いが終わっていないと発言した。

これに火に油を注いだのはチャンパ。彼は2人が金網戦で決着をつけるべきだと主張した。これにガルガノは同意。アレイスターはどこでも戦うと伝えた後に、ガルガノにブラック・マスを放とうとするも、ガルガノはこれを回避。ブラックは代わりにチャンパを攻撃した。