WWE、WMウィーク期間中の「NXTテイクオーバー」と「ホール・オブ・フェイム」開催日を変更

188

WWEは、2019年のレッスルマニア・ウィーク期間中に開催される「NXTテイクオーバー」と「ホール・オブ・フェイム」(WWE殿堂式典)の日程を変更した。

もともと現地時間4月6日開催が予定されていた「NXTテイクオーバー」は4月5日に開催。また、4月5日開催が予定されていた「ホール・オブ・フェイム」は4月6日に開催されることになる。なお、会場は両イベントともに米ニューヨークにあるバークレイズ・センターである。

米ウェブサイト『PW Insider』がWWEにコメントを求めたところ、今回の変更に関して「我々のファンにとってより良いものになると考えている」と答えている。

この変更により、ROHと新日本プロレスによる合同興行「G1 Supercard」と「NXTテイクオーバー」が同じ日に開催されることはなくなった。「G1 Supercard」は2019年4月6日、米ニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンにて開催される。