【TV結果】WWE スマックダウン・ライブ 11/27/18|女子王座を懸けた争いは三つ巴に

317

WWEは現地時間11月27日、ミネソタ州ミネアポリスにあるターゲット・センターにて『スマックダウン・ライブ』を開催。『TLC』で行われるSD女子王座戦が決定した。

舞台は『TLC』、SD女子王座を懸けたTLC戦が決定

番組冒頭にはGMを務めるペイジを交えて、SD女子王者ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーが登場。両者口論を繰り広げる中、ペイジGMは『TLC』にて2人による女子王座を懸けたTLC戦を行うと発表した。

すると、これをみたマンディー・ローズ、ソンヤ・デヴィル、ジ・アイコニックス、ゼリーナ・ベガ、ナオミ、カーメラ、アスカ、ラナといったSD所属女子スーパースター達が登場。彼女らによる女子王座挑戦権を懸けた女子バトルロイヤル戦が開催されることが決定した。

ジ・ウーソズ、ノンタイトル戦ながらもSDタッグチーム王者ザ・バーを下す

ザ・バー対ジ・ウーソズ|ノンタイトル戦
本日1試合目にはSDタッグチーム王者ザ・バーが登場。ノンタイトル戦が行われた。両軍白熱した試合を繰り広げる中、勝利を掴んだのはジ・ウーソズ。最後はジミーがトップロープからのスプラッシュを放ち、3カウントを奪った。
勝者: ジ・ウーソズ(王座移動なし)

AJスタイルズ、『TLC』に向けて意気込みを語る

観客の前に姿を見せたのは前WWE王者AJスタイルズ。『TLC』にて現WWE王者ダニエル・ブライアンとの対戦が決定している彼は、試合に向けて意気込みを語った。AJによると、ダニエルは今回来場していないとのこと。そんなダニエルに向けて「『TLC』ではWWE王座を忘れるな。俺のものだからな」とメッセージを発した。

US王者シンスケ・ナカムラ、試合前にルセフを襲撃

シンスケ・ナカムラ対ルセフ
本日2試合目にはUS王者シンスケ・ナカムラが登場。彼は試合前にルセフを襲撃した。ナカムラはキンシャサを放つなどルセフを激しく攻撃。試合が行われることはなく、US王者は不敵な笑みを浮かべながらその場を後にした。

サモア・ジョー、ジェフ・ハーディーのWWEデビュー20周年記念を台無しに

ジェフ・ハーディーのWWEデビュー20周年を祝うべく、多くの関係者がエントランスに集結。ジェフはこれまでを振り返りながら、この日を迎えられたことに感謝の意を示した。そんな中、この場を台無しにしたのはサモア・ジョー。彼がジェフを侮辱すると、一触即発のムードに。両者は乱闘を開始するかと思われたが、ジョーはその場を後にした。

ザ・ミズ、姑息な手を使おうとするも成功せず敗北を喫す

ザ・ミズ対コフィ・キングストン(w/ ビッグ・E、エグザビアー・ウッズ)
本日3試合目はシングル戦。ザ・ミズは姑息な手を使おうとするも、コフィにつくビッグ・Eやエグザビアー・ウッズがこれを阻止していった。試合を制したのはコフィ。最後はトラブル・イン・パラダイスを決めて3カウントを奪った。試合前に先週の敗北を笑われたザ・ミズは、鬱憤を晴らすことができなかった。
勝者: コフィ・キングストン

ランディ・オートン、レイ・ミステリオをさらに攻撃

先週の流れから、レイ・ミステリオの覆面を持ちながら登場したのはランディ・オートン。彼は「ミステリオの顔から剥ぎ取ったマスクが、なぜ大事なものなのか理解できない」等と話した。そんな中、ミステリオが登場。彼らの乱闘が開始されるもミステリオは返り討ちにあい、オートンはまたしてもマスクを剥ぎ取ろうとした。

ザ・ミズ、シェイン・マクマホンを仲間と認識?

コフィ・キングストンとの試合に敗れたザ・ミズは、シェイン・マクマホンを見つけると「どこにいたんだ?」と開口一番。ザ・ミズが「仲間がコーナーにいれば、コフィに勝てた」と話すと、シェインは「俺らは仲間じゃない」と返すも、ザ・ミズは話を聞いているのかいないのか、WWE W杯優勝トロフィーがまるで2人のものであるかのように振る舞った。どうやら、ザ・ミズはシェインを仲間と認識しているよう。シェインは困惑した表情を浮かべた。

アスカ、バトルロイヤルを制して『TLC』でSD女子王座挑戦へ

マンディー・ローズ対ソンヤ・デヴィル対ビリー・ケイ対ペイトン・ロイス対対ゼリーナ・ベガ対ナオミ対カーメラ対アスカ対ラナ|女子バトルロイヤル
本日のメインイベントは女子王座挑戦権を懸けたバトルロイヤル戦。出場者が次々と敗退していく中、最後の2人にはアスカとソンヤ・デヴィルが残った。両者、エプロン際で攻防を展開。最後はアスカがソンヤを場外へ落として、『TLC』でSD女子王座戦に出場することが決定した。
勝者: アスカ