ジ・エリートを中心とする新団体「オール・エリート・レスリング」が誕生するのか

567

新団体「オール・エリート・レスリング」(以下、AEW)が、誕生することになるのか。

All Elite Wrestling, LLCはこのほど、複数の商標登録を申請。なお、AEWに関わると噂される人物はコーディ・ローデス、ヤング・バックス、ケニー・オメガ、マーティー・スカル、ハングマン・ペイジら。クリス・ジェリコやジム・ロスの名も挙がっているが、『Wrestling Inc』によると、関与を否定している。

All Elite Wrestling, LLCが申請した商標は以下の通りとなる。

  • All Elite Wrestling
  • Double Or Nothing
  • AEW Double Or Nothing
  • AEW All Out
  • ALL OUT
  • AEW
  • Tuesday Night Dynamite

「Double Or Nothing」は次回『ALL In』の名称として噂されている。コーディ&ヤング・バックスは2018年9月、PPV『ALL In』を初開催。1万人もの観客を動員した。また 、「Tuesday Night Dynamite」はウィークリー番組の名称として噂されている。名前通りであれば、現地時間火曜夜の放送となるか。

All Elite Wrestling, LLCの登録住所は、ジャクソンビル・ジャガーズ(NFL)の本拠地であるTIAAバンク・フィールド(1 TIIA Bank Field Drive in Jacksonville, FL)と同じ。ジャガーズの共同オーナーを務めるトニー・カーンがAEWの代表を務めるのではないかとも噂されている。トニーは、同スタジアムを所有する大富豪シャヒド・カーンの息子である。

この業界に新たな団体が誕生することになるのか。続報があればお伝えしたい。