2018年『サバイバー・シリーズ』当初の計画は変更か

389

WWEは今後もさまざまな計画を変更していくのか。

ツイッター・アカウント『WrestleVotes』によると、ローマン・レインズが白血病の再発で欠場に入ったことにより、『サバイバー・シリーズ』の計画に変更があったとのこと。同ツイッター・アカウントは以前、2大ブランドによる対決にあまり焦点が当たらないと伝えていたが、現在の流れを見ると昨年と同様にRAWブランド対SDブランドによる試合が次々と発表されてきている。

その中でもWWEユニバーサル王者ブロック・レスナー対WWE王者AJスタイルズ戦が発表されているが、ビンス・マクマホンはローマン・レインズ対AJスタイルズ戦を行いたくなかったとのこと。この理由に関しては不明だが、それゆえに2大ブランド対決は考慮されていなかったようだ。

そして、噂される”チーム・アングル”対”チーム・コービン”の一戦に関しては、未だに未決定とのこと。ちなみに前回『スマックダウン・ライブ』を見る限り、女子部門ではチーム戦が行われるとみられる。ペイジGMは、シャーロット・フレアーにブルー・ブランドの主将を務めてほしいと交渉していた。

また、噂されるショーン・マイケルズ対ジ・アンダーテイカー戦に関しては、トリプルHの負傷により不明。同ツイッター・アカウントは以前、”全てがうまくいけば”HBKはサウジ公演後に再び試合を行う意思があると伝えていた。なお、HBKはサウジ公演終了後、「日常生活に戻る」とWWEのカメラに話している。