あのコンビは?WWEが発表「ベストコンビ25選」

1381
(下: ランディー・サベージ 右: エリザベス)

先日、6月8日は”ナショナル・ベスト・フレンズ・デイ”ということでWWEは「ベストコンビ25選」を発表。選ばれたのはどのコンビなのか。※ランク付けはされていません。

25
(左: ブロック・レスナー 右: ポール・ヘイマン)

ブロック・レスナー&ポール・ヘイマン

スーパースターと敏腕マネージャーのまさに名コンビ。

24
(左: ジェフ・ハーディー 右: マット・ハーディー)

ハーディー・ボーイズ

ハーディーズやチーム・エクストリームとも呼ばれる名タッグチーム。TLCマッチのラダーはハーディーズの代名詞。

23
(左: アンダーテイカー 右: ポールベアラー)

アンダーテイカー&ポール・ベアラー

ポール・ベアラーのキャラクターがアンダーテイカーの墓堀人キャラをより一層際立たせた。

22
(左: エッジ 右: リタ)

エッジ&リタ

プライベートの仲をストーリーラインに組み込まれた一例。

21
(左: メイヤング 右: ファビュラス・ムーア)

メイヤング&ファビュラス・ムーア

元祖WWEウィメン。両名共、女性スーパースターの地位向上に大いに貢献した。

20
(左: トリプルH 右: ショーン・マイケルズ)

トリプルH&ショーン・マイケルズ

お馬鹿キャラでありながらセクシーかつ最高。WWE史上最もクールなコンビ。D-ジェネレーションXといえばこの二人。

19
(左: ミスター・フジ 右: ヨコヅナ)

ヨコヅナ&ミスター・フジ

日本バブル期、反日感情を煽り活躍。

18
(左: スコット・ホール 右: ケビン・ナッシュ)

ジ・アウトサイダーズ

バックステージの権力者。nWo初期メンバーであり、クリックのメンバーでもある。

17
(上: ジェイク・ロバーツ 蛇: ダミアン)

ジェイク”ザ・スネーク”ロバーツ&ダミアン

異色の爬虫類と人間のコンビ。

16
(左: アンダーテイカー 右: ケイン)

破壊兄弟(ブラザーズ・オブ・ディストラクション)

怪奇派スーパースター同士の最強コンビ。

15
(左: トリプルH 右: ステファニー・マクマホン)

トリプルH対ステファニー・マクマホン

絵に描いたようなヒール夫婦。実の夫婦であり、将来のWWEを背負って立つコンビ。

14
(左: ニッキー・ベラ 右: ブリー・ベラ)

ベラ・ツインズ

両名共にWWEトップスーパースターズと結婚。双子コンビ。

13
(左: ザ・ロック 右: ミック・フォーリー)

ロック”ン”ソッコ・コネクション

元WWFタッグチーム王者。異色といえば異色のコンビ。

12
(左: ダニエル・ブライアン 右: ケイン)

チーム・ヘルノー

元々は敵同士、これまた異色コンビ。

11
(左: スティービー・レイ 右: ブッカーT)

ハーレム・ヒート

実の兄弟であるアフリカ系、名タッグチーム。

10
(左: エッジ 右: クリスチャン)

エッジ&クリスチャン

ヒールが似合う名タッグチーム。TLCマッチのチェアーはエッジ&クリスチャンの代名詞。

9
(左: ビリー・ガン 右: ロード・ドッグ)

ニュー・エイジ・アウトローズ

二人のマイクパフォーマンスはまさに圧巻。D-ジェネレーションXのメンバーでもある。

8
(左: ババ・レイ 右: ディーボン)

ダッドリー・ボーイズ

ハーディーズ、エッジ&クリスチャンと共にアティテュード期のタッグチーム戦線を支え続けた。TLCマッチのテーブルはダッドリーズの代名詞。

7
(左: ジェイ・ウソ 右: ジミー・ウソ )

ウーソズ

アノアイ・ファミリーの一員。サモア系、双子タッグチーム。

6
(左: マリース 右: ザ・ミズ)

ザ・ミズ&マリース

たまには喧嘩も。美男美女のおしどり夫婦コンビ。

5
(左: ジェリー・ローラー 右: ジム・ロス)

ジェリー”ザ・キング”ローラー&ジム・ロス

実況解説といえばこの名コンビ。

4
(左: アンドレ・ザ・ジャイアント 右: ボビー・ヒーナン)

アンドレ・ザ・ジャイアント&ボビー・ヒーナン

アンドレは手懐けられない?悪徳マネージャーと大巨人のコンビ。

3
(左: ブラッド・ショー 右: ファルーク)

APA

アコライツ警備保障、用心棒的存在。

2
(左: アニマル 右: ホーク)

リュージョン・オブ・ドゥーム aka. ロード・ウォリアーズ

北米のみならず日本でもお馴染み、往年の名タッグチーム。

1

ランディー・サベージ&エリザベス

WWE史に残るラブストーリーを展開。カップルといえばこのお二人。