『ミクスド・マッチ・チャレンジ』は7週目、ユーモア溢れる試合を披露

223

WWEは現地時間30日、男女混合ラウンドロビン・トーナメント『ミクスド・マッチ・チャレンジ』シーズン2を開催。同番組は今回で7週目。ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン対ジンダー・マハル&アリシア・フォックス戦、AJスタイルズ&シャーロット・フレアー対ルセフ&ラナ戦が行われた。

モンスター・イクリプス、マハリシアを難なく下す

ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン対ジンダー・マハル&アリシア・フォックス(w/ シン・ブラザーズ)
試合が開始されるとアリシアはストローマンを挑発。ジンダーはストローマンにパワー勝負を挑むも、結果はストローマンの圧勝だった。続いて試合は女子による戦いに。アリシアは一人でロープワークをひたすら続け、序盤から息を切らした。

試合が続く中、ストローマンは場外に陣取るシン・ブラザーズに狙いを定めて追いかけ回すと、シン・ブラザーズはエンバーと衝突。ストローマンらの勢いは最後まで衰えることなく、エンバーはアリシアへイクリプスを、ストローマンはジンダーにパワースラムを決めて勝利を掴んだ。
勝者: ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン

サインボード対決、バックハンド・チョップ対決などユーモア溢れる試合を披露

AJスタイルズ&シャーロット・フレアー対ルセフ&ラナ
ルセフらは入場時、ファンの掲げる「ラナが最高、ラナがナンバーワン」と書かれたサインボードを受けとり観客にアピール。これに対抗したAJらは「フェノメナル・フレアー」と書かれたサインボードを掲げ、こちらも観客にアピールした。このサインボード対決に勝敗をつけるのは観客の反応。観客はラナのサインボードにブーイングを浴びせた。

試合が開始されると出場者はバックハンド・チョップ対決を開始。会場には「Woooo!!」と、観客の声が響き渡った。女子はシャーロット、男子はルセフがこの対決に勝利すると、最後はルセフ対シャーロットの一戦。シャーロットが強烈なチョップを浴びせていくも、ラナが”女王”を不意打ちした。

試合が進む中、両軍白熱した攻防を披露。ラナはAJに対して華麗なロシアン・レッグスイープを決めた。最後に試合を決めたのはシャーロット。彼女はフィギア・エイトを決めてラナからタップアウトを奪った。
勝者: AJスタイルズ&シャーロット・フレアー対ルセフ&ラナ

『ミクスド・マッチ・チャレンジ』シーズン2順位表

RAW
ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン(3-0)
ボビー・ラシュリー&ミッキー・ジェームス(2-0)
フィン・ベイラー&ベイリー(2-1)
ジンダー・マハル&アリシア・フォックス(0-3)
ボビー・ルード&ナタリア(0-3)

スマックダウン
ザ・ミズ&アスカ(3-0)
AJスタイルズ&シャーロット・フレアー(3-0)
ジミー・ウーソ&ナオミ(1-2)
Rトゥルース&カーメラ(0-2)
ルセフ&ラナ(0-3)

-来週の『ミクスドマッチ・チャレンジ』ではボビー・ラシュリー&ミッキー・ジェームス対フィン・ベイラー&ベイリー戦、Rトゥルース&カーメラ対ジミー・ウーソ&ナオミ戦が行われる。