カート・アングルが語る、フィン・バーラー。「彼と試合がしたい」

400

現・RAW GMであり今年WWE殿堂入りを果たしたカート・アングルですが、英ニュース紙「メトロ」のインタビューを受けた際、現在と過去のWWEの違いとフィン・バーラーについて語りました。

以前のWWEと現在のWWEの違いは。

「WWEは以前、僕がいた時に比べると全然違うね。健康管理の面でも。昔は13時から15時の間に一回、食事が出てたんだけどそれを逃すともう食べられないって感じだった。今では夜遅くまでヘルシーな食事を提供してくれてるよ。ウェルネスポリシーの面でも変わったね。今では年に最低でも4回〜12回薬物検査を受けるんだ。クリーンかどうかを証明するためと、ちゃんとレスリングできる体かどうか毎年身体検査も。検査に引っかかればいくらWWEスーパースターズが”大丈夫、俺はしたいんだ。”と言ってもできない。以前に比べて安全性の面でも段違いだ」

フィン・バーラーについて

「彼のことは僕が10年前に日本で活動した時に知ったんだ。彼も日本で活動してたしね。ジャスティン・ビーバーみたいな髪型をしてた若者だったって覚えてるよ。WWEに戻ってきた時、同じ人物だと気づかなくてね。数ヶ月前に会った時、彼の方からから挨拶してきたんだ。そしたらその反応を見た彼は「覚えて…ない?」と言った感じだった。その時に気づいたよ。あの時の若者か!って。彼が過去10年の間に日本でやってきたことは凄いよ。クルーザー級でありながらヘビー級の選手相手に立ち向かってたしね。フィンバーラー、ザ・デーモン。世界で最も人気のあるスーパースターの一人であることは間違いないね。彼がアメリカに来る前、日本で活躍していたのは知ってるよ。道場でトレーニングしていたことも。日本のスタイルでレスリングをするのはとても難しいことなんだよ。でも彼はそれをやり遂げた。世界でも三本の指に入る彼と一緒に試合できたら素晴らしいことだよ。彼が僕にレスラーとして戻ってきてほしいことは知ってるよ。今僕は彼とのレスリングを夢見てるんだ」

[Source: Metro]