WWE、渦中のサウジ公演『クラウン・ジュエル』を予定通り開催へ。

382

WWEは現地時間10月25日、2018年第3四半期決算を発表した中で、11月2日開催(現地時間)を予定している渦中のサウジアラビア公演『クラエン・ジュエル』に関して、「イベントを開催することに決めた」との声明を出した。

「WWEは20年近くにわたり中東で事業を展開しており、大規模かつ熱心なファン層を開拓してきた。イスタンブールのサウジアラビア領事館で起こった凶悪犯罪を考慮すると、リヤドで11月2日に予定されているイベントに関して、弊社は非常に難しい決断に直面した。サウジアラビアでの事業を継続する予定の他の米国系企業と同様に、弊社はスポーツ庁に対する契約上の義務を守り、イベントを開催することに決めた。2018年通期のガイダンスは予定通りのリヤド公演開催を前提とする」(http://corporate.wwe.com/news/company-news/2018/10-25-2018)

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコのサウジ総領事館で死亡した事件をめぐり、サウジ公演開催に関するWWEの動向に注目が集まっていた。SNSでは同公演中止を求めるハッシュタグ「#CancelCrownJewel」が広まり、また、複数の米国上院議員は同公演開催の再考を促していた。

『クラウン・ジュエル』はサウジのムハンマド皇太子が主導する経済改革計画の一環として開催される。WWEはサウジのスポーツ庁と10年間のパートナーシップ契約を締結しており、2018年4月にサウジ公演第一弾として『グレイテスト・ロイヤルランブル』を開催した。

『クラウン・ジュエル』は現地時間11月2日、サウジの首都リヤドにあるキングサウード大学スタジアム(収容能力2万5000人)にて開催予定。現地の模様はWWEネットワークでライブ配信される。

『クラウン・ジュエル』では、空位のWWEユニバーサル王座を懸けたブロック・レスナー対ブラウン・ストローマン戦、WWE王座を懸けたAJスタイルズ対ダニエル・ブライアン戦、DX(ショーン・マイケルズ、トリプルH)対破壊兄弟(ジ・アンダーテイカー、ケイン)戦、スマックダウン・タッグチーム王座を懸けたザ・バー対ニュー・デイ戦、”世界最高”を決するトーナメント「WWEワールドカップ」が行われる。