【EP. 1】キャピタル・レスリング・コーポレーション設立。

965
WWE本社

第1話

今日、WWE(World Wrestling Entertainment)はエンターテイメント業界を牽引するリーダー企業として世界的に認知されている。コネチカット州スタンフォードに本社を置き従業員600名以上、ニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミ、ロンドン、ムンバイ、シャンハイ、シンガポール、イスタンブール、東京などアメリカ国内のみならず世界中に支社を構えている。

設立当初、WWEはアメリカ北東部を拠点に活動するごくごく一般的な小さな団体に過ぎなかった。それが50年以上経った現在ではアメリカの象徴として広がっているのである。本シリーズでは、50年以上の歴史を誇るWWEが如何に現在のグローバル企業に成長していったのか、その歴史に迫る。

ロドリック・ジェームス・マクマホン(ジェス・マクマホン)

ビンス・マクマホンがスポーツ・エンターテイメント業界に参入するずっと以前、彼の祖父であるロドリック・ジェームス・マクマホン(以下、ジェス・マクマホン)は1920年代から1930年代にかけてボクシングのプロモーターとしてマジソン・スクエア・ガーデンやエベッツ・フィールドといった歴史ある建物で興行を手がけていた。

ジェス・マクマホンはここに至るまでニューヨークやペンシルベニアでレスリング興行も主催していた。その後、195411月にジェス・マクマホンは享年72歳でこの世を去る。その間ずっと、ジェス・マクマホンの息子であるビンセント・ジェームス・マクマホン(以下、ビンス・マクマホン・シニア)は父親の背中を一心不乱に追いかけ、どのようにプロモーターとして成功できるかを探っていた。

そんな中、第二次世界大戦の影響でビンス・マクマホン・シニアは沿岸警備に従事するためノースカロライナに移送されてしまう。任務満了となった1946年、若きビンス・マクマホン・シニアはプロモーターとしてやり直そうとするも、彼の軍役中にニューヨークのテリトリーでは敏腕プロモーターであるジョセフ・モンドの勢いが増していた為、ニューヨークではなく他地域での活動を決断する。

ターナーズ・アリーナ

活動拠点をワシントンD.C.に移し、1947年に2000人収容可能なターナーズ・アリーナでのマネジメントを開始した。ビンス・マクマホン・シニアの采配によりナット・キング・コール、ルイス・アームストロング、ゴージャス・ジョージ、ブルーノサンマルチノといった当時のトップ・スーパースターズを誘致し始め、1954年には遂にターナーズ・アリーナとの契約を完全に支配下に置いたのである。その後、アリーナ名をキャピタル・アリーナへと改名すると同時にCWC、キャピタル・レスリング・コーポレーションを設立したのであった。

第2話は下記リンクからどうぞ。
【EP. 2】NWA、テレビ、そしてマディソン・スクエア・ガーデン。