WWE、王座挑戦権を懸けた女子バトルロイヤル戦開催を発表。舞台は『エボリューション』。

360

WWEは、今月にも開催されるPPV『エボリューション』で女子バトルロイヤル戦を行なうと発表した。同試合は将来における女子王座挑戦権を懸けた戦いとなる。

現時点で発表されている出場者はアスカ、ナオミ、カーメラ、ビリー・ケイ、ペイトン・ロイス、ソンヤ・デヴィル、ナイア・ジャックス、エンバー・ムーン、マンディー・ローズ、ラナ、デイナ・ブルック、アリシア・フォックス、タミーナ、そしてトリー・ウィルソンとなる。

出場選手が女性スーパースターのみで構成される『エボリューション』では、女子バトルロイヤル戦に加えて、RAW女子王者ロンダ・ラウジー対ニッキー・ベラ戦(RAW女子王座戦)、スマックダウン王者ベッキー・リンチ対シャーロット・フレアー戦(スマックダウン女子王座戦)、NXT女子王者カイリ・セイン対シェイナ・ベイズラー戦(NXT女子王座戦)、トリッシュ・ストラタス&リタ対アレクサ・ブリス&ミッキー・ジェームス戦、NXT UK女子王座戦、女子トーナメント『メイ・ヤング・クラシック』決勝戦も行われる予定である。

『エボリューション』は現地時間10月28日、ニューヨーク州ユニオンデールに位置するナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアムにて開催。現地の模様はWWEネットワークでライブ配信される。