元ROH TV王者パニッシュメント・マルティネス、WWEと契約締結との報道。

208
Ring of Honor Wrestling

元ROH TV王者パニッシュメント・マルティネスがWWEと契約を締結したと、PW Insiderが報じた。

記事によると、マルティネスはまもなくWWEパフォーマンス・センター入りする予定とのこと。彼はNXTブランドに所属するとみられる。詳しい契約期間などについては不明である。

マルティネスは現地時間9月29日に開催されたROH TV収録(『デス・ビフォー・ディスオナー』2日目)でジェフ・コブに敗れ、当時保持していたROH TV王座陥落。これを最後にROHを退団し、WWEに向かうと言われていた。

マルティネスは2015年からROHで活動。2016年に同団体が主催するトーナメント『トップ・プロスペクト・トーナメント』に出場し準決勝まで駒を進めたが、後の優勝者リオ・ラッシュに敗れた。2017年にはパニッシャー・マルティネスの名で新日本プロレスとの合同興行『HONOR RISING: JAPAN』にも出場。2018年にはサイラス・ヤングを破り、自身初となるROH世界TV王座を獲得した。