『ミクスド・マッチ・チャレンジ』は4週目、WWE王者が開脚に失敗し苦痛の表情を浮かべる。

330

WWEは現地時間9日、男女混合ラウンドロビン・トーナメント『ミクスド・マッチ・チャレンジ』シーズン2を開催。同番組は今回で4週目。ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン対フィン・ベイラー&ベイリー戦、AJスタイルズ&シャーロット・フレアー対Rトゥルース&カーメラ戦が行われた。

“Get these hands”と”Too sweet”

ビーアンドビー(フィン・ベイラー&ベイリー)対モンスター・イクリプス(ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン)
“Get these hands”や”Too sweet”と観客の声援は二分した。ベイラーは圧倒的なパワーを誇るストローマンの前に苦戦するも、ベイリーへのタッチをきっかけに試合の流れは変わり、ベイリーとエンバーは一進一退の攻防を繰り広げた。

ベイリーはベイリー・トゥ・ベリーを決めるもストローマンがこれをカット。試合が男子同士の戦いになると、ベイラーはストローマンの背中へダブルストンプを放ち流れを掴んだかに思えたが、ストローマンのパワースラムが炸裂し、1、2、3。モンスター・イクリプスが勝利を掴んだ。
勝者: モンスター・イクリプス(ブラウン・ストローマン&エンバー・ムーン)

AJスタイルズ、開脚に失敗するも試合後に”スピン・ア・ルーニー”を披露

フェノメナル・フレアー(AJスタイルズ&シャーロット・フレアー)対ファビュラス・トゥルース(Rトゥルース&カーメラ)
会場には”What’s up”や”Woooo”と声援が響き渡り、盛り上がりをみせた。AJとRトゥルースが踊り始めると、会場には音楽が鳴り響きシャーロットとカーメラもダンスを披露した。出場者が見事な開脚を披露していく中、AJもこれに挑戦するも失敗。WWE王者は苦痛の表情を浮かべた。

試合を制したのはフェノメナル・フレアー。AJはカーメラの妨害を受ける中、シャーロットの助けもあり丸め込むことに成功し3カウントを奪った。試合後、AJとシャーロットは”フレアー・ウォーク”を披露し勝利を祝った。AJはさらにブッカーTばりの”スピン・ア・ルーニー”を披露。観客をわかせた。
勝者: フェノメナル・フレアー(AJスタイルズ&シャーロット・フレアー)

来週はAwe-Suka、ラヴィシング・ルセフ・デイ、チーム・ポーズ、カントリー・ドミナンスが登場へ

来週の『ミクスド・マッチ・チャレンジ』には前回王者チームが登場。Awe-Suka(ザ・ミズ&アスカ)対ラヴィシング・ルセフ・デイ”(ルセフ&ラナ)、チーム・ポーズ(ケビン・オーエンス&ナタリア)対カントリー・ドミナンス(ボビー・ラシュリー&ミッキー・ジェームス)の2試合が行われる。