【TV視聴者数】WWE RAW 2018.10.01|6週連続減少、ワースト記録更新。

161

今週開催された『RAW』(2018.10.1)の視聴者数は…。今回は豪州PPV『スーパー・ショーダウン』開催前最後の放送。事前にはショーン・マイケルズの登場が予告された。

今週の平均視聴者数は230万2000人となった。先週の235万人と比べて2%減少した。放送開始1時間目は250万人、2時間目は232万5000人、3時間目に208万1000人を記録した。これにより『サマースラム』開催後から6週連続で減少。先週に引き続き、2018年ワースト1を更新した。

同日夜のケーブルTV全体で見ると15番目に多く見られた番組となり、視聴者層を18歳から49歳に絞ると6番目に多く見られた番組となった。最も多く見られた番組はESPNで放送されたNFLレギュラーシーズン。チーフス対ブロンコス戦が1321万4000人を記録した。

ブロードキャストTVでは、8時台に音楽オーディション番組『ザ・ヴォイス』が1005万8000人を記録。テレビドラマ『The Neighborhood』は810万2000人、ダンスリアリティ番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』は705万8000人を記録した。

2018年『RAW』平均視聴者数トラッカー
1月1日放送: 286万5000人
1月8日放送: 276万6000人
1月15日放送: 325万人
1月22日放送: 453万人(RAW 25)
1月29日放送: 339万5000人(ロイヤルランブル開催後)
2月5日放送: 305万5000人
2月12日放送: 310万5000人
2月19日放送: 328万2000人
2月26日放送: 318万人(エリミネーション・チェンバー開催後)
3月5日放送: 309万9000人
3月12日放送: 335万2000人
3月19日放送: 332万7000人
3月26日放送: 336万6000人
4月2日放送: 335万7000人
4月9日放送: 392万1000人(レッスルマニア開催後)
4月16日放送: 362万2000人(スーパースター・シェイクアップ)
4月23日放送: 310万4000人
4月30日放送: 306万6000人(グレイテスト・ロイヤルランブル開催後)
5月7日放送: 268万9000人(バックラッシュ開催後)
5月14日放送: 274万1000人(イギリス・ロンドン: 収録放送)
5月21日放送: 266万8000人
5月28日放送: 249万4000人
6月4日放送: 252万5000人
6月11日放送: 273万人
6月18日放送: 290万3000人(マネー・イン・ザ・バンク開催後)
6月25日放送: 266万3000人
7月2日放送: 270万7000人
7月9日放送: 247万人
7月17日放送: 286万6000人(エクストリーム・ルールズ開催後)
7月23日放送: 277万9000人
7月30日放送: 290万1000人
8月6日放送: 280万4000人
8月13日放送: 282万5000人
8月20日放送: 309万5000人(サマースラム開催後)
8月27日放送: 287万7000人
9月3日放送: 287万2000人(レイバーデイ・エディション)
9月10日放送: 274万人
9月17日放送: 267万2000人(ヘル・イン・ア・セル開催後)
9月24日放送: 235万人
10月1日放送: 230万2000人