【TV結果】WWE メイ・ヤング・クラシック 2018|エピソード4、イオ・シライが登場。

726

現地時間9月26日、WWEネットワークで『メイ・ヤング・クラシック 2018』エピソード4の配信が開始された。会場はフロリダ州オーランドにあるフルセイル大学、収録は8月8日に行われた。実況・解説チームはマイケル・コール、ベス・フェニックス、ルネ・ヤングの3名で構成された。

松本浩代、レイチェル・エヴァーズを破り次戦進出

松本浩代対レイチェル・エヴァーズ|トーナメント1回戦
日本人の松本浩代が登場。彼女はポール・エラリングの娘レイチェル・エヴァーズとの試合に臨んだ。両者序盤から激しくぶつかりあう、激しい攻防戦を披露。松本はトップロープからの強烈なミサイルキックを放っていき、流れを掴んでいった。

レイチェルもスパイン・バスターやネックブリーカーを決めるなど反撃に転じるも、次戦に駒を進めたのは松本。最後はパワーボムからロックドロップを放ち、素晴らしい一戦を制した。
勝者: 松本浩代

タイナラ・コンティ、ジェシー・エラバンを破り次戦進出

タイナラ・コンティ対ジェシー・エラバン|トーナメント1回戦
ブラジル出身のタイナラ・コンティは、独特のキャラクターを持つジェシーと対戦。柔道の経験豊富なタイナラは相手を投げ飛ばすなど、試合を優位に進めていった。ジェシーも反撃に転じるも、次戦に駒を進めたのはタイナラ。最後はスピニング・サイドスラムを決めて勝利を収めた。
勝者: タイナラ・コンティ

ニコール・マヒューズ、アイラ・ドーンを破り次戦進出

ニコール・マヒューズ対アイラ・ドーン|トーナメント1回戦
カナダ出身のニコール・マヒューズは、スコットランド出身のアイラ・ドーンと対戦。打撃技を中心に両者攻防を続ける中、次戦に駒を進めたのはニコール。最後は強烈なクローズラインからのライオンテイマーを決めてタップアウト勝ちを収めた。
勝者: ニコール・マヒューズ

イオ・シライ、ザイア・ブルックサイドを破り次戦進出

イオ・シライ対ザイア・ブルックサイド|トーナメント1回戦
トーナメント1回戦最後の試合も注目の一戦。日本人のイオ・シライがロビー・ブルックサイドの継娘である、今大会最年少(19歳)のザイア・ブルックサイドと対戦した。ザイアは序盤から相手を激しく攻撃。だが、イオは華麗な身のこなしでザイアの攻撃を回避した。

試合を優位に進めたのはイオ。彼女はダブル・ニーを放つとトップロープへ登り、ムーンサルトを炸裂させ、1、2、3。見事勝利を収め、次戦進出を決めた。
勝者: イオ・シライ